寒さに耐えられるのか?極寒の横浜沖堤防でライトゲーム!

はい、寒い毎日が続いていますね。こんな時の釣行はサクっと行ってサクっと帰れる横浜ベイエリアへ出向くのですが、寒くなってからの沖堤防はどんな感じなのかと気になってしまい、いつもの釣り仲間と上陸してきました。この極寒の中、夜通しでまともに釣りになるのかという問題がありますが・・・。

D突堤へ上陸!あれ?無風?

 

a7754321
上陸したのはD突提です。当初の予報では南風だったのですが、上陸してみるとほぼ無風です。あれ?これはもしかして釣り日和・・・?しかし風は無くともやはり気温が相当低いです。いつにも増して防寒装備に身を包んできましたが、朝まで無事できるのか心配になります。とはいうものの、せっかくの大潮です。そそくさと荷物を降ろしてタックルをセッティングし釣り開始です。

まずは毎度のJazz 尺ヘッド D Typeジャッカル キビキビナーゴでボトムワインドから開始です。最初はオープンエリアに投げず、堤防の際のボトムをワインドしていきます。すると数度目のフォールに入ったときに「コン!」とあまり大きくはないですがバイトを感知!フッキングするとそこそこ元気に泳ぎ回ります。水面からちょっと高さがありますが、一気に抜きあげてみると

c3ce3f83
20cmのメバルです!いきなり1匹目がまずまずのサイズのメバルとは!これはうれしい!やはり沖堤防はポテンシャルが高いのか?と同じく足元を延々ワインドで狙ってみますがその後が続きません。あれれ・・・?いつもなら続々と釣れてくれるカサゴも反応がありません。ということで次はオープンエリアへキャスト。しかしこちらもあまり反応がよくありません。そこでワインドからリトリーブの釣りへ切り替えます。Jazz 尺ヘッド R Type 1.5gジャッカル ペケペケ 2インチのいつものベイエリアリグです。表層からボトムまで探っていきますが、時折15cmほどのカサゴがポツポツ釣れるくらいで、こちらもあまり反応がいいとは言えません。

次第に強くなる風!少しでも風の弱いポイントに移動!すると・・・

そんなこんなしている間に、予報通り風が出てきました。それもかなりの強風です。それまで釣っていた堤防の上では風をもろに受けてしまうため、 ある程度風が防げるテトラ帯へ移動してみます。それでも若干風が横から吹き付けるので、ジグヘッドの重量を2gへ変更しテトラの横をトレースしていきます。すると移動して1投目で「コツン!」と大きめのバイトが! がっつりフッキングをかますと、ドラグを鳴らして走ります。明らかにこれまでより大きいようです。テトラに潜られないように慎重に寄せて抜きあげると

905c740f

e06162c7

22.9cmのメバルです!おー!自己記録更新です!もしかしてまだ居るかも?とキャストすると

dsc_0455

719c4599

19cmのメバルを筆頭に、23cmのカサゴなどがポツポツ釣れてくれました。やはり障害物というのは魚がついているんですね。再認識させられました。

しかしさらに強くなる風・・・

その後もちょこちょこカサゴを釣って楽しんでいたのですが、1時間ごとに風向きが変わり風力も増してきてしまいました。5gの尺ヘッドが風で戻される強さです。うーん・・・と思ったのですが、腕時計を見るといつの間にやら4時半を回っていました。釣り仲間は気が付けば堤防の風裏で寝ています。6時の船で帰ることになっているので、ちょっと早いですが片づけをすることにし、ストップフィッシングとなりました。

サイズは更新できたのですが、終始風に悩まされました。

横浜沖堤防は今回で3回目でしたが、今回もなかなかいいサイズの魚が釣れてくれたので個人的にはとても楽しむことができました。 特にメバルに関してはサイズ更新も果たせたので、次は狙うは25cmオーバーです。

しかし、今回は終始強い風に悩まされました。いつものベイエリアであれば、風が強かったりして釣り続行が難しそうであれば帰宅することができますが、沖堤防、それも夜通しの場合は迎えの船が来るまでどうしようもありません。この季節は寒さもかなりのものなので、釣りができないとただただ寒さの中耐えるしかないというのは結構辛いです。幸い今回は風の向きにあわせて移動すればなんとか続行できるぐらいだったので良かったですが、寒さはどうしようもないので次回はもう少し暖かくなってきてから上陸しようかと思います。

ロッド : AbuGarcia SALTY STAGE KR-X Mebaru Custom SXMS-792LT-KR
リール : AbuGarcia Revo LT 2000
ライン : DUEL アーマードF+ 0.4号
リーダー : VARIVAS ライトゲームショックリーダー 4lb 

  • LINEで送る

コメントを残す

*