大事なリールを守る!椿研究所 プレミアムおまもり君を購入!

先日購入した15 ツインパワー。我が家では初の3万円越えのリールということで若干のビビりもあり、そして出来うる限り大切に長く使っていきたいということもあり、リールスタンドを導入しました。

椿研究所 プレミアムおまもり君

6d286a79
それがこちら、椿研究所製 プレミアムおまもり君です。カラーはツインパワーにあわせてシルバーを購入しました。椿研究所のリールスタンドはいくつか種類がありますが、今回プレミアムおまもり君をセレクトした理由はまず見た目。カーボン調の軸を採用しており、見た目向上に貢献してくれてると思います。次にいいなと思ったのは回転式フックキーパー。ライトソルトでランガンしているとき、いつもはロッドのガイドフットにフックを引っ掛けたりして移動していたのですが、いつの間にか外れていたり、そもそもガイドに傷がつきそうで嫌だなーと感じていましたので、これも選ぶ基準となりました。重量は12gとのことで、物凄く軽いパーツではありませんが、ツインパワー自体がそこまで軽いリールではありませんし、装着してみるとリールの左右のバランスがとれてくれたのかリーリングの時に凄く安定してくれています。

早速ツインパワーへ装着してみました

a2e20ed0
取り付けはいたって簡単です。ハンドルキャップを取り外してリールスタンドをねじ込むだけです。隙間ができる機種用に大きめのOリングがついていますが、使わずにそのまま取り付けています。また、リールスタンドのねじ部分の根元にはゴムOリングがついていますので、防水性もある程度確保できると思います。色合いもばっちりで、まるで専用品!これは価格の割に満足度が高いですね!

そして以外な結果

d29f6ed4
ところで、ふと「これってレボNEOSに着かないかな・・・」と思いたち、取り付けてみると・・・なんと着いちゃいました!それもハンドルのカーボンとロッドスタンドのカーボンの感じが合っている・・・。これは意外な結果でした。ただ、がっつり装着できたかと いうとそういうわけでは無さそうです。ねじ山の幅が微妙にあっていないのか、少ししかねじ込めません。したがって隙間が開いてしまいます。一応付属のOリングで隙間は埋められますし、振ったりリールを置いたりしても外れる気配はありませんが、メーカーさんとして装着確認は当然していないでしょうし、ねじ山があっていない状態で無理に装着するとねじがダメになる可能性がありますので、気になる方は自己責任でお願いします。

え?自分ですか?NEOSのために追加購入します!どうせNEOSはダメになるまで使い倒すつもりなので!


コメントを残す

*