ソルトルアー入門に最適!手軽なカサゴ釣りをやってみる その2:ルアー編

カサゴをルアーで釣る第2回は、お勧めのルアーについてです。これまた自分の感じた事をつらつらと書き綴っていく感じなので、つたない内容にはなるかと思いますが参考になれば幸いです。

 

やはり何はともあれワームでしょう!まずは種類から

ルアーは様々な種類がありますが、やはりカサゴを狙うならワームでしょう。ひとくくりにワームと言ってもかなりの種類がありますが、個人的にこれまで釣果が良かったのは以下の種類です。

①・・・シャッドテイルタイプ

840bfb57
水を受けてプルプルと震えるパドルタイプのしっぽが付いたタイプですね。自分はカサゴ一本狙いでやるときは大抵このタイプを使っています。様々なアクションでも安定して使えますので、オールマイティなワームかと思います。

②・・・ピンテール系

写真がありませんが、ジャッカルのペケペケなどがこのタイプにあたりますね。アジングやメバリングで使うことが多いかと思いますが、カサゴにもかなり効果的なワームだと思います。ボリュームなどが多少落ちますが、そのおかげか大小問わず釣れてくれるので、坊主逃れのワームとしてもお勧めです。

③・・・ホッグ系

c052d931
甲殻類を模したのがホッグ系。自分は単体でも使いますが写真のようにトレーラーとして使うことも多いです。個人的には爆発する時とそうでもない時の差が結構あるような印象です。そのエリアでカサゴがメインに捕食しているベイトに違いがあるので当然と言えば当然だとは思いますが、前述のシャッド系などはいつでもどこでもある程度の釣果は出ますが、ホッグ系はそのばらつきが激しいかなという感じです。とはいうものの、大物狙いで使うと結構効果がある場合が多いですし見た目通りアピールも派手で、見てくれ釣れそうなので自分は結構好きです。

カラーについて

次に色についてです。正直これは「絶対これ!」というのは無いんですよね。やはりその日の状況によって左右されますし、好き嫌いなんかもありますので・・・。とはいうものの、最初に買うなら「ナチュラル系」と「アピール系」を同じワームで買っておけばいいと思います。

8d50e53d
「ナチュラル系」は文字通り、自然な色合いの、派手さはないカラーリングです。水が澄んでいる時や、とりあえず最初に投げるのは自分の場合はナチュラルカラーですね。控えめにラメが入っていたりするとアピール力もプラスされますので、そのあたりを基準に選ぶといいかもしれません。

「アピール系」のカラーは蛍光カラー(黄色だったりピンクだったり)のような、その名のとおり派手目の色です。水が濁っていたり、水深が極端に深い場合なんかに使うことが多いです。自分は上記のナチュラル系のカラーだとアピールが足りていないな・・・というような時に使っています。あまりメインで一日投げ続けることはありませんが、持っていると釣果をプラスすることが出来るカラーと思います。

なんだか具体性に欠けてしまいましたが・・・

どうも抽象的な内容になってしまって申し訳ありません。自分はあまりあれこれルアーを使わないので、どうにも記事の内容が薄くなりますね・・・。ルアーに関しては、当然鉄板ルアーやカラーなんかはあるかと思いますが、お店などで「これは釣れそう!」って感じたものを使うというのもいいと思います。自分がよく使っているケイテックのルアーは本来はバス用です。最初にお店で見かけたときは「釣れそう!」という第1印象が強かったので購入してみた次第です。なので是非固定概念に捕らわれず、自分だけのルアーを探してみるのも楽しいと思いますよ。

前回のエントリーはこちらから↓

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*