厳しい! 結果の出なかった東伊豆遠征

伊豆のゴロタはでかいメバルが釣れる」そう、関東圏のメバリスト(っていうのか?)の方なら多少は耳にしたことがあると思います。当然自分の周りでも以前からその話題で持ち切りになっていました。そこで論より証拠!デカメバル仕留めてやろうじゃない!と釣り仲間と東伊豆へ繰り出してきました。

あーまずい 風強すぎる

まずは東伊豆最南端の某漁港へ。今回は事前情報からこの漁港に隣接したゴロタを第1ポイントとして選定しました。

 

・・・ですが風が・・・強い・・・。事前の天気予報の風向きと全く違い、真正面からかなり強く風が吹き付けています。波はそれほどではないのですが、いかんせん投げたリグがまったく飛距離が出せず広範囲に探れません。釣り仲間もあれこれ試行錯誤しているようですが、飛距離が出せないと手前の水深が数十センチほどのエリアしか探れません。

当然バイトもなく、隣接する漁港に移動してみたもののこちらもゴロタと同じく風が吹き付けており厳しい状況です。これは困った・・・。

移動!再エントリー!でも・・・

しょうがないので一旦コンビニで食事をとりつつ作戦会議です。この東伊豆エリアにはいくつも漁港とゴロタがあるので移動しようということになったのですが、いかんせん風向きから考えると数か所のポイント候補のうち1か所しか風を避けられる場所がありません。本来なら釣れなければ次から次へとゴロタと漁港を探る予定だったのですが仕方がありません。

 

さて、車で走ること30分ほどで選定したポイントへ。ここは崖の下にある漁港とゴロタ場で、先ほどの風向きなら風が遮られるはず!

・・・だったのですが、到着すると風向きが変わってるー!今度はこのポイントで真正面からの風になってしまいました。あの30分の間にまたも状況が変わってしまったようです。なんてこった・・・。途方に暮れててもしょうがないので、いそいそとウェーダーを装備してゴロタへ行ってみます。見ると風はかなり強いのですが、波はこちらもそれほどでもありません。よく見ると先行者の方が1名エントリーしてらっしゃったので邪魔にならないよう離れてエントリーします。

しかし予定とだいぶ行動予定がずれてしまい、この頃には潮位も半分くらいになってしまっており手前は浅すぎて釣りにならない状況。少しでも遠投したい状況ではあるのですが、いかんせんこの風です。Jazz 尺ヘッド R Type 3gでも飛距離が全く足りません。しばらく頑張って続けていたのですが、気が付くと先行者の方も居なくなっていました。そりゃそうだ。

地元の方も困ってた

どうにも辛い状況なので、漁港へ移動してみました。すると堤防ではエギングをしている方が1名居ます。話を聞いてみると地元の方のようで、やはり風を避ける為にここに来てみたものの突然風向きが変わってしまい全くダメとのことです。なんとか1杯、ヤリイカをあげたとのことでとても勇ましい限りだったのですが、自分はこの強風の中エギをしゃくって当たりをとる自信はありません。一応エギングタックルも準備してきてはいたのですが・・・。

その方も早々に撤退してしまい更に雨まで降りだす始末。もはやこれまで!とストップフィッシングとなりました。

リベンジを誓う

結局散々な結果に終わってしまった東伊豆遠征。気象条件の変化に振り回された釣行となってしまいました。とはいうものの、今回エントリーした2つのポイントも含め、どこもかしこも「釣れそう」な雰囲気満々です。特にゴロタ場は東伊豆沿岸に延々と続いているので、ポイントは無限大です。次回は更に天気予報と睨めっこしつつ、デカメバルを探しにリベンジをしよう!そう誓った一日でありました。

使用タックル

  • ロッド : AbuGarcia RockSweeper NRS-6112UL+ MGS
  • リール : シマノ 15 TWINPOWER 1000PGS
  • メインライン : DUEL アーマードF+ 0.4号
  • リーダー : フロロカーボン 7lb

コメントを残す

*