Revo LTスピニングはアブのスピニングのイメージを覆す?

837f48f0

最初にインプレするのはアブの最新スピニングリール、Revo LT 2000です。ダイワ、シマノに比べて圧倒的に使用者が少ないと思われるアブのスピニングや如何に?


自分が購入したのは、シャロースプール・ハイギアの2000SHではなく、深溝・ノーマルギアのモデルです。よほど人気がないのか番手違いのLT 2500共々よく釣具店でセールで販売されているのを良く目にします。自分は元々このLTスピニングが欲しいと思っていたところで半額で販売されているのを発見し、意気揚々とレジに持って行った数少ない人間です。

国内メーカーのリールと比べると優れてる点もあります

まず、かなり偏見も入りますが、国産の他社スピニングと比べても非常にスタイリッシュ、かつシンプルなデザインで文句なしにカッコいいと思います。特にこの深溝モデルは、通常販売されているシャロースプールモデルのようなゴールドの差し色もなく全体がガンメタルで統一されているので、引き締まった印象を受けます。結構どんなロッドとも合う色合い、デザインじゃないでしょうか?

更に2点目。ボディ重量はようやく200gを切り、185gの重量を実現してくれました!国産の人気機種にようやく追いつくことが出来たのではないでしょうか?以前までのアブの上位機種だったNEOSが軽量といえども200gを超えていたのを考えると、アブスピニングユーザーとしては、ようやくここまで来たか!とうれしい限りです。実際一日通して使っても、軽量なおかげで非常に疲れにくい印象です。

NEOSから着実に進化!これまでのアブのスピニングに対するイメージを覆せる製品と思いますが・・・

NEOSでは結構頻繁にライントラブルが起きていました。ラインを国産機と同じくらいの量で巻くとかなりの確率でラインがグシャっとなります。おそらくリップの形状やスローオシレートやら、複合的に色々な要因が合わさっていたのでしょうが、とにかくちょっとでも多めにラインを巻くとトラブルの嵐でした。、しかし、ことLTに関してはほぼ起きていません。NEOSと同じラインを同じメーター数巻いて同じルアーを同じロッドで使った場合でも、トラブル無く釣りができています。ここはNEOSで気になっていた点だったので、非常にうれしいです。

さてさて、アブのスピニングは結構酷評されている場面に遭遇しますよね。確かに国産機に比べると劣っている点が見受けられますし、上位機種(NEOSとか)はその割にいい値段することも多いですからね。でもこのLTはアブとしても相当頑張ったのか、間違いなく現行のアブスピニングの中では最高の出来だと思ってます。「アブのスピニングはちょっと・・・」という方にも一度触っていただきたいなと思います。ただ、これが重要なのですが買ってから箱出しそのままだとイマイチな点もあります(特に巻きに関して)。そこがまたアブらしいといえばアブらしいのですが・・・。

  • LINEで送る

コメントを残す

*