スレたトラウトに!ジャクソン ダートマジック インプレッション! 前編

a2d8643f
さて、今回は自分のトラウトフィッシングで欠かすことの出来なくなったジャクソン ダートマジックについてです。

ランダムなダートアクションでトラウトを誘います

ダートマジックはその名の通り、ダートアクションで魚にスイッチを入れてリアクションで食わすルアーです。最近ですと、同じようなルアーとしてはティモン(ジャッカル)のダートランなどがありますね。ダート系ルアーは水の綺麗なエリアなどで使うとよくわかりますが、スプーンやクランクなど横の動きにまったく反応しないトラウトが、もの凄い勢いでルアーに群がってきます。これはソルトでも同じですよね。

ダートマジックはワームのワインドとも違い、かなりランダムに前後左右にダートアクションをしてくれますが、おそらくこの独特の形状がそうさせるのだと思います。

0c841e71
ちょっと写真が見難いですが、自分は両方所持しています。ダートランはダートマジックに比べて大人しめな綺麗な左右のダートアクションをします。どちらが優れているという分けではなく、状況に応じて使い分けるのがいいと思います。

弱点はフッキングの悪さ 重要なのは「食わせる間」

ダートマジックの最大の武器である激しく切れのある、ランダムなダートアクション。実はこれが短所にもつながってきます。それはフッキングの悪さ。とにかくルアーがランダムに動くので魚が追いきれない食いきれないという場面によく遭遇します。特にニジマスはこの手のランダムな早い動きに弱いので、足元まで追ってくるのに駄目だった・・・なんていうのは日常茶飯事です。

これを克服するのに重要なのは「食せわる間」を作ること。一瞬でもいいので動きに間を作ることで、動かし続けた場合よりも食わせられる可能性が向上します。ただ、ヤマメやイワナなどを狙う場合は間をあまり長く取ると見切られてしまうので、ここは経験と勘・・・になってしまうかもしれませんね。

おすすめのタックルはネイティブ基準

さて、ダートマジックを使う上でおすすめのタックルですが、通常の柔らかいエリアトラウトロッドではなく、ネイティブ用などのハリのある、ファーストテーパーに近いロッドがお勧めです。キレのある動きを演出するのに適しているという点と、食いが浅かった場合でも一気にフックを貫通させるパワーがあるためです。また、ダートマジックは重量が3gもしくは5gとなっており、エリアロッドでフルキャストなどをするとちょっと怖いですよね。

また、上記のようにルアーの重量がそれなりにあるため、ネイティブベイトタックルなどで遊んでも楽しいかもしれません。手返しもスピニングに比べてかなり良くなると思いますので、自分もそのうち試してみたいなと思っています。

とにかく圧倒的な集魚力!

と、長々と書いてしまいましたがとにかく圧倒的な集魚力を持つダートマジック。 まだまだ書き足りないぐらい気に入っているルアーですので、後編はおすすめのチューン方法や注意点なども書いていきたいなと思います。


コメントを残す

*