Revo LT 2000を分解して調整個所を確認してみる

30571d9c

今回は実際に分解をして内部を確認していきたいと思います。ちょっと画像多めで長いので、続きを読むからどうぞ。


なお、Revo LTを分解している情報を見つけることができませんでしたので我流です。また、当然ですが分解するとメーカー保証が受けられなくなりますし、更に調子が悪くなるなどの恐れもありますので、自己責任にてお願いします。

実際に分解をしていきます

489b3ee5
何はともあれ、スプールとハンドルを外します。特段説明は不要ですね。

ae2a5b81
スプールを取り外すとメインシャフトにワッシャーやベアリングがついています。これはただシャフトに刺さっているだけなので、引っ張れば取り外すことができます。注意すべき点としては、装着されていた順番を間違えないようにしましょう。

b12e4ee9
中央の六角ナットを外します。最初はかなり固いので、がんばって外します。

625a08a0
するとようやくこの状態になります。ここからボディ部分を分解していきます。

2092af9b
この青いゴムのような素材でできているパーツがローターブレーキです。既に写真は取り外した状態ですが、通常はボディに沿うように取り付けられていますので、写真側のみを外します。反対側がねじ止めされて固定されていますが、そちらは通常分解であれば取り外す必要はありません。ゴム状のパーツなので、写真のほうのはまっている部分を外すだけで大丈夫です。すると写真中央のシルバーのマイナスねじにアクセスできます。

ebea9887

ef9fe547

c3cc6ea1
ボディ側面にある3つのマイナスねじを外します。その中でボディのお尻側についているねじを外すと、ボディ下部のシルバーのカバーパーツが外れます。そうすると2枚目の写真でドライバーで指している個所にねじが出てきます(ここはプラスねじです)ので、これを更に外します。また、ここでの注意点は3枚目のように、3本のマイナスねじは長さが違います。どこにどれが刺さっていたのか覚えておきましょう。

480c05cf
これでボディ内部へアクセスできます。最初に開けると中は青色のグリスまみれです。塗ってあるというより「充填されてる」に近い状況でしたので、すべてふき取ってあります。次に写真中央のドライブギアを取り外しますが、そのまま引っ張るだけでは取り外せません。メインシャフトにひっかかるのです。取り外すにはオシレートギア(ドライブギアの下に見える小さなギア)の部分についているオシレートスライダーのプラスねじを外す必要があります。少しギアを回転させて、プラスねじが見えるようにして取り外します。ねじがとれれば、メインシャフトを上に引っ張り出すことができます。

e7dfd634
さて、今回の本題である調整個所ですが、まずこのオシレートギアにあるピン(ドライバーで指している所)を研磨します。中央のねじを回せばオシレートギアが取り外せますので、ピンがきちんと円柱状になっているか確認し、必要であれば形をならしつつ、ピカールなどで磨きます。ピンもそうですが、個人的にはオシレートギアの平面全体を磨いたほうがいいと思います。オシレートスライダーが触れる面ですね。

3fd729b3
これが オシレートスライダーです。中央の溝に先ほどのオシレートギアのピンが刺さるわけですが、ここの仕上げが非常にいまいちで、中をピンが通るときにスムーズさが失われて重さを感じる原因になっているようです。また、オシレートギアと触れる面(写真の溝の細い部分)
も研磨しておきましょう
。自分はリューターの研磨ヘッドやピカールなどを使ってを研磨しました。

ただ、今回のようにピカピカに研磨するとパーツへのグリスやオイルの定着が悪くなります。なのでこまめにメンテナンスをしないと、雨の日の釣行や帰ってからの水洗いでグリスが徐々に落ちてしまう可能性があります。回避方法としては、例えば定着性の高いグリスを使ってみるのもいいかもしれません。

このようにオシレート周辺の研磨を行い、更に大量のグリスの除去を行うと、購入当初の巻きの重さが嘘のように、非常にスムーズで軽い動作に生まれ変わります。また、こだわるのであれば、以前の記事のに書いたようにベアリングも交換すると更にいいと思います。

LTシリーズは以前のNEOSに比べてかなり分解が容易になっており、そこまで内部へのアクセスに難儀はしないと思います。何より、前述の処理をきちんと行うと 本当に動作が軽くなるので、お持ちの方はぜひともチャレンジしてみてください!

Revo LE関連の記事はこちらからどうぞ
Revo LT スピニング やっぱりアブらしい点がありますという話
Revo LTスピニングはアブのスピニングのイメージを覆す?

  • LINEで送る

コメントを残す

*