汎用性高し! Tailwalk Troutia(テイルウォーク トラウティア) 55L

img_0162
ちょこちょこ釣行記には登場するものの、すっかり忘れていたトラウティア 55Lをご紹介。

テイルウォーク発 新トラウトロッド

img_0165
テイルウォークのトラウトロッドといえば、ネイティブ用のケイソンランズバック、エリア用のシルバーナシリーズなどが有名ですよね。そんなテイルウォークから発売された新シリーズがこのTroutia(トラウティア)シリーズ。前述の専門性を持たせたロッドとは違う、汎用性の高いロッドとなっており

トラウトの世界を「もっと手軽に。もっと真剣に。」

トラウトの世界を「もっと手軽に。もっと真剣に。」をコンセプトに開発されたシリーズ。
エリアからストリームまで対応するラインナップ。

テイルウォーク製品ページより

製品ページのこの文面からも、そのコンセプトが読み取れます。モデルも短いモデルから長いモデル、比較的硬いものから柔らかめのもの、更にはベイトモデルまで網羅しており、このロッドを様々な釣りシーンで使って欲しいというのが伝わってきます。

汎用性の高い使い心地!

img_0163
さてさて、細かく見ていきます。まずはガイド。低価格ながらKガイドを装備しており、糸がらみも低減されておりPEラインなども使い勝手が良くなっています。また、ガイド径は必要以上に小さくなっておらず、寒いシーズンでの釣行でも、ガイド凍結によるキャストトラブルの発生がしにくくなっています。かといって感度が悪いかというとそうでもないので、個人的には高評価ポイントです。

img_0249
リールシートはオリジナルのもので、ダウンロックでリールを固定します。緩んでくること無くしっかり固定されていますので使っていて不安に感じることもありません。グリップはコルクを採用しており、リールシートのデザインと相まって、価格以上の見た目じゃないかなーと個人的には思いますね。ワインディングチェック含め、要所要所の赤のさし色もお洒落です。

img_0166
このモデルのルアーの適合重量は最大で7gとなっており、ネイティブで使うなら大抵のルアーはカバーすることが可能ですね。下限重量は特に記載が無く不明ではありますが、ストレス無く投げれるのは1g中盤ぐらいでしょうか。アンダー1gのマイクロスプーンは投げられなくもないですがちょっと辛いかもしれませんね。

さて、実際に使ってみると全体的に比較的しなやかで非常に良く曲がる印象です。アクションは限りなくレギュラー寄りのファーストって感じでしょうか。したがって非常にルアーの重さを乗せて投げやすく、一日投げていても余り腕に負担がかからず非常に楽です。かといってベナベナな仕上がりではないので、ミノーのトゥイッチングなども軽快にこなせますし、ロッドパワー自体もエリアで50オーバーのトラウトなどもパワー負けすることなく快適にファイトすることが出来ましたし、ネイティブでは流れで針掛かりが浅い状況でも、必要以上に硬くないブランクのおかげでバラシも非常に少なく感じました。

と、駆け足でまとめましたが如何でしょうか。特定ジャンルへの特化型ロッドのような物凄く繊細な仕上がりのロッドではありませんが、トラウトを始める時の最初の1本やサブロッド、あれこれとりあえず1本で済ませたい人になど、様々な用途にピッタリな非常に汎用性の高い、オールマイティな1本に仕上がっています。まさに「手軽に、真剣に」釣りを楽しめる、とてもオススメのロッドです。

冒頭のように、自分が所有している55L以外にも様々なモデルがありますので、ロッド選びの選択肢に加えてみては如何でしょうか。

 

 

コメントを残す

*