Revo ALC BF7を今シーズン渓流で使ってみての感想!


今シーズン渓流釣行で使い続けたRevo ALC BF7について簡単にまとめたいと思います。

アブ渾身のフィネスリール Revo ALC BF7!

今年は自分自身の本格的渓流デビュー元年となりました。その相棒に購入したのが今回のAbu Revo ALC BF7です。購入時の簡単なインプレッションは過去の記事を参考にして頂くとして・・・

購入したそのままの状態でも、超々ジュラルミンの軽量なフィネススプールや、簡単に自分の好みのセッティングにできるマグネットブレーキシステム【マグトラックス3】を搭載しているというのが最大のポイントでしょうか。これら数々の装備が最初から装備されているので、大きな追加投資も無く快適に使うことが出来るというのは非常に心強く、アブがこれまでベイトリールで培ってきた技術を惜しみなく投入した、初めてのベイトリールでも安心して使うことが出来る、渾身のフィネスリールと言えるのではないでしょうか。

実際に使ってフィールドで使って見て

さて、実際にフィールドでキャストを繰り返して見ての感想ですが、もストレス無く、狙ったポイント、距離にルアーを届けることが出来るリールだと改めて感じました。自分は2g~5gくらいまでのルアーを使うことが非常に多かったのですが、あまりスイングが大きく取れない場所での、小さなモーションでのキャストでもキッチリとスプールが回り、スーッとルアーが飛んで行ってくれるので、小場所などでのキャストがとてもやりやすかったですね。そしてベイトならではの手返しの良さ。着水してすぐにリーリングを開始したい、ルアーに動きをつけたい!なんていうときも、スピニングに比べて自然に、素早く行えるのでとても効率よく釣りが行えました。更に一巻き71cmのハイギア設定本体重量の軽さもこれら手返しの良さに更に拍車をかけてくれるプラス要素かと思います。

また、前述のマグトラックス3の力だと思いますが、ルアーの飛距離は落とさずに綺麗にブレーキが効いてくれているように感じました。使うルアーにあわせて側面のダイヤルできちんとセッティングしてやればバックラッシュもかなり少なく、快適に使うことが出来ましたよ。

個人的オススメ渓流用ベイトフィネス入門機!


ということで、簡単に使った感想でした。自分はトラウトにしか使っていませんが、当然バスなんかにも問題なく(むしろそっちが本業?)使える素晴らしい仕上がりのリールです。

とはいえ、ダイワやシマノなんかからも、当然様々な素晴らしいリールが発売されていますし、はたまた最新のリールもいいですが、オールドリールで渋く・・・なんていうのも特にネイティブトラウトではオツなものです。なので、それぞれ自分の好みと用途にあったリールをチョイスしていただければいいんじゃないかなーと思います。

そんな中でも渓流ベイトフィネス最初の1台に絶対オススメのRevo ALC BF7。気になる方は是非、来シーズン解禁に向けてチェックして見てください。

 

コメント

  1. ゆうへい より:

    はじめまして。
    ブログを読まさせていただきました。
    私もrevo bf7の購入を考えています。
    そこで、一点伺いたいことがあるのですが、マグネットブレーキの設定はどの状態で使用されてますか?
    是非参考にしたいと思っています。
    よろしくお願いします。

    1. ytkampffps0 より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      そして1か月近く時間が空いてしまい申し訳ありません・・・。

      まだもし参考になるようでしたら、ではありますが
      自分のマグネットのセッティングに関しては、購入時のそのままで使っています。
      本当であればもっと細かく付けたり外したりして設定を煮詰めればいいのかと思いますが、特に不自由を感じていません。

      よろしくお願いします。

コメントを残す

*