渓流必須品!スミス AR-S スピナー


渓流でのトラウトフィッシングで最もお世話になったであろうスミスのAR-Sスピナーをご紹介します。

狙った所に投げて巻く、釣りの基礎を学ぶ

スピナーというルアー。昨今のミノー全盛の世の中だとあまり使われない方も多いのではないでしょうか。自分も釣りを始めた当初はあまり見向きもしていなかったのですが、店員さんにオススメされるがまま使って見たところ、その秘めた魚を誘う実力、そしてなにより、渓流でのトラウトフィッシングの基礎を学べるとても重要なルアーの一つだと気がつきました。


その基礎とは、渓流というお世辞にもキャストしやすいとはいえないシチュエーションで狙った場所に正確にキャストし、思い通りのコースをトレースする・・・ということ。ミノーイングでは更に「アクションして食わす」という難しいけど楽しい要素がそこにプラスされるわけですが、自分のような初心者の場合、どうしてもそこまで手が回らないというのも正直なところ。いくら魚に魅力的なアクションをルアーにさせたところで、前述の通り「狙った所に正確に」「思い通りのコースをトレース」出来なければ、殆ど意味がないのです。その点、スピナーは投げて巻くだけで魚へのアピールは十分なので、キャストして狙ったコースを流すことに集中することが出来ます。まず釣りの基礎を学ぶのには非常に適しているのではないでしょうか。

使いやすさと釣果の両立 AR-S!


前置きが長くなりましたが、このスミス AR-Sスピナー。スピナーの中では定番的商品であり、人気のあるモデルではないでしょうか。比較的どこの釣具店でも豊富に扱っているため入手性も高く、シーズン中ロストしても補充が容易です。重量やカラーもかなりのラインナップがあり、自分の訪れるフィールドにあわせたチョイスが出来ると思います。

アクションの特徴では、何といってもブレードの立ち上がりの良さが際立ちます。水深が浅い、流れが急、トレースコースが短い・・・などなど、すぐにブレードを回転させて魚にアピールしたいシチュエーションでも、ハンドルを回し始めたところからキッチリとブレードが回ってくれます。これは本当に使いやすいです。

また、比較的ブレードの回転振動が大きめなのも特徴かと思います。おかげできちんとアクションしているのか判別が容易で、キャスト後手元に回収したらラインが絡まってて実はアピールできてなかった・・・なんということもかなり少なくすることが出来ます。これも、無駄なキャストや魚へのプレッシャーを減らすという意味でも、非常に重要な要素かと思います。

カラーはどれも釣れる気がしますが、個人的には派手目のカラーが好きですね。写真のはもう投げすぎてボロッボロなので、なんだか元のカラーがなんなのか分からない感じですが・・・。

フック交換は絶対!


さて、AR-Sはもともとトリプルフックが装着されていますが、自分はそれを切断して写真のようなシングルフックに交換しています。理由は2つ。一つ目は渓流で使う場合、非常に針先の劣化が激しいので、こまめにフックを交換する必要が出てきますが、標準のフックのままだとフックが簡単に交換できないためです。二つ目は、不必要な魚へのダメージを減らすためです。このAR-Sスピナー、非常に良く釣れるのですが小さい魚まで果敢にアタックしてきてしまい、標準のトリプルフックだと顔中にフックが刺さり、魚へのダメージが非常に大きいと感じたためです。リリースする際に刺さったフックを取り外すのもトリプルだと一苦労ですし、見ていてとても痛々しいです・・・。

更に自分は、使う場合はバーブをつぶしています。ちょっと油断するとばれちゃうこともありますが、まあばれちゃたらドンマイ・・・次があるさ!くらいの心のゆとりを持っていればOKかと思いますよ。

是非ルアーボックスへ!

とにかく扱いが簡単で、釣果もバッチリ。価格もそこまで高くないうえに入手性も良く、カラーや重量も豊富なので様々なシチュエーションに対応可能と、まさに万能ルアーのスミス AR-Sスピナー。自分は今期はどこの渓流にいってもこればっかり投げまくってました。不思議なのはミノーやスプーンで散々投げて反応が無かったところに、スピナーを投げたら魚が反応する・・・なんてことが結構あったのです。前述のルアー達、特にミノーにスレてしまったトラウト達に、違ったアピールが出来るのもこのスピナーの魅力ですかね。

来期から渓流ルアーを始めようと思っている方、是非ルアーボックスに入れていってみては如何でしょうか?

 

宜しければこちらの記事もどうぞ

コメントを残す

*