Jackson Kawasemi rhapsody(カワセミラプソディ)を使ってみて…


先日の東山湖での釣行から新たに導入した、カワセミラプソディの使用感について簡単に・・・。

一日使ってみて・・・

さてさて、先日購入したNEWロッドであるカワセミラプソディ エリアモデル

東山湖では、一日を通してこの1本を使い続けたわけですが、とにかくキャストがしやすい。適度なハリがあり、ベナンベナンなブランクではないためロッドが勝手にルアーを飛ばしてくれるような印象を受けました。ロッドアクション自体がレギュラー寄りなのもキャストのしやすさにつながっているのかもしれません。軽量なスプーンからある程度の重量のシンキングクランクまで、ルアーを選ばず快適にキャストできました

ただ一方で、ミノーなどをキビキビとロッドワークで操作するには少しシャッキリ感が足りないのも確かなので、この辺は好みも出てくるかなと思います。


感度に関しては、ショートバイトも手元にきちんと伝わってきましたし、ボトムの状況なども特に問題なく感じ取ることができました。バッキバキの高感度のロッドではないですが、通常使う分にはまったく問題ない性能は有しているのではないでしょうか。


実際魚を掛けてみると、写真のようにティップからベリーへ綺麗に曲がってくれますし、バットは適度なパワーもありますのでファイトを楽しみつつもストレスなく魚を寄せてくることができます。超大型を掛けたりはしていないので、限界までパワーを出し切っているとは思いませんが、特にパワー負けしそうな印象もありませんので安心して使うことができると思います。

更に気に入りました!

ということで、特に不満も感じず満足感の高いロッドだなという結論です。全体的に尖ったものが無いので、どんな釣りにも対応できる柔軟性の高さを持っており、これまで自分が使ってきたエリアロッドの中でも群を抜いて癖がなく、どんな方も使いやすい仕上がりだと感じます。一日実際にフィールドで使った結果、これからも愛用していきたいと感じる1本になりましたとさ。

 

コメントを残す

*