2017年 第2回 中禅寺湖釣行


前回は結果の出なかった中禅寺湖釣行。リベンジを胸に突撃してきましたよ。

天気良し!風良し!

さて、この日も前回と同じく山側へ渡船を使ってエントリーです。朝一の時間帯にポイントに入ることはできませんが、この快適さを一度体感してしまうともう戻ることが出来ないのが正直なところ・・・。


ビューンとものの10分少々で山側最奥付近のワンドである大日和田周辺へ到着です。下船したら各自、早速準備を整えてキャスト開始です。

朝一選んだルアーはプロビアの18g。表層~中層~ボトムと、レンジを変えて、反応がなければ少しずつ移動探っていきます。しばらくワンド内をあっちへこっちへ探っていると、ほかのポイントより10カウントほどフォール時間が長い場所にぶち当たりました。もしかしたらこういう変化のある場所に着いているかもしれない・・・そう感じ、少し丁寧に探っていきます。

リベンジ成功!

表層からどんどん探る層を深くしていき、ボトムを探り始めたその1投目。3-3-5のロングフォール中に「ククン!」とティップに反応が!すかさず渾身の力を込めて合わせます。するとラインの先に生命感が!ばらしてなるものかと、慎重に寄せてくると・・・意外とすんなり表層に上がってきてしまいました。


水中から姿をあらわしたのは可愛いサイズのレイクトラウト!さすがにこのサイズに対してはオーバースペックなタックルだったようで、前述のように対した抵抗もなくネットに収まってくれました。朝日に照らされて黄金色に見える、今期初のレイクトラウトでした。もっと大きくなって帰ってくることを願いつつ、早めに湖にお帰り頂きました。

さらに続けて!

サイズは兎も角として、なんとかボウズも逃れて気も楽になりました。ここからはサイズアップを狙うことにして、さらにワンドの内部を細かく探っていきます。


男体山が真正面で、いい景色です。その男体山に向かって先ほどのヒットルアー、プロビアの18gをフルキャストすることしばし・・・。ブレイク手前に差し掛かったルアーを回収しようとリーリングし始めたそのとき、「グググ!」とルアーを持っていかれました。びっくりして反射的に合わせると、魚が暴れています!これも慎重にファイト・・・と思ったのですが、やはりすんなり寄ってきてネットイン。


先ほどよりは少し大人になったレイクトラウトでした。サイズはまだまだ満足できるサイズではありませんが、前回のボウズのことを思い出すと、2匹釣れてくれただけで有難いことです。ただ、このポイント、このサイズが群れているのか、同行者も同じようなサイズのレイクを上げています。そこで、サイズアップを目指して移動してみることにします。

ゲスト?襲来!

途中途中で探りながらではありますが、大日崎まで移動してきた我々。前回大日崎は軽く探りはしたものの、帰り道だったため腰をすえて釣るのは今回が初。早速各自方々へ散り、キャストを繰り返しますが中々反応がありません。

そんなこんなでしばらく釣り続けていましたが、気がつけばお昼。湖岸で昼食にすることに。釣り談義に花を咲かせながら食べるお昼は最高です。そんな時、最近買ったルアーやタックルの話になり、なんとなく同行者がミノーをキャストしてアクションさせると、そのミノーに銀色の何かがアタック!のんびりお昼をしていた我々は突然の出来事に大興奮!惜しくもフッキングにいたらなかったので、再度キャストして誘うと・・・「ゴン!


なんとも見事な43cmのホンマス!実物は初めてみましたが、本当に格好いい魚ですね!うらやましい!ヒットルアーは最近仲間内で話題のグリッチ。いやー、お昼の時間の思わぬゲストの登場でした!

最後の最後で・・・

さて、そんなホンマスの登場で俄然やる気が出てきた我々。大日崎を後にして、再び松ヶ崎方面へと釣りながら戻ります。自分も何とかサイズアップを目指したいところ。しかし、そんな自分の気持ちをよそに、魚からの反応はなく、ただただ時間が過ぎていきます。

夕方の終了時刻も迫ってきた中、とある岬状のポイントへ。湖流がぶつかり、見た感じはよさそうな雰囲気です。早速プロビア 18gをキャストして、ボトムをとります。流れもあいまって中々ボトムにつきませんが、何とか底をとって2-2-5のアクションで誘っていきます。しかし、手前のブレイク付近まで魚の反応は無し。ルアーを回収にかかりますが、先ほどのこともあるので気持ちゆっくり目、ブレイクにそって巻いてくるイメージでリトリーブしてくると・・・「ガツン!」とプロビアがひったくられました。完全な向こう合わせ状態でしたが、無事フッキングはされているようです。テンションを緩めないよう魚を浮かせ、寄せていきます。先ほどまでの魚と違い、かなりの抵抗感!おそらくサイズはアップしている!そう信じて巻き続けます。

そして、岸際に現れた魚の最後の抵抗を交わしてネットイン!


あがったのは47cmのレイクトラウト!まだまだチビっ子の部類ですが、それでも何とかサイズアップには成功です!夕日が当たってこれまた黄金の魚体がとても美しく、印象的でした・・・。

大満足の一日

ということで、何とか前回のリベンジを果たすことが出来ました。。同行者も、レイクのサイズはいまいちだったものの、前述のホンマスやその他ヒメマス、ブラウンなど実に多彩な顔ぶれに出会うことが出来、大満足の一日となったようです。個人的には年始に立てた目標である、60アップのレイクトラウトをなんとか仕留めたかったというところはありますが、それでもこの広大ですばらしい自然の中で釣りをしているだけで、非常に満ち足りた気持ちになれてしまうので、まああせらず頑張ろうと思います。

使用タックル

  • ロッド : テンリュウ Rayz RZ87H
  • リール : シマノ Exsence BB C3000HGM
  • メインライン : YGKよつあみ G-soul X8 Upgrade PE  1号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロカーボンリーダー 16lb
  • 使用ルアー : Provia 18g、ライトニングウォブラー 18g、スミス パニッシュ and more…

 

コメントを残す

*