17 コンプレックス CI4+ C2500S F4 購入! ~軽く開封編~


新たな戦力として、新リールを購入しました!ので、今回は軽く開封編です。

17 コンプレックス CI4+ C2500S F4

さて、今回購入したのは今年発売になった、シマノのバス用リールである「コンプレックス」シリーズの最上位機種である「コンプレックスCI4+」です。


改めて自分が解説するようなこともありませんが、ベースとなったのは以前自分も購入したストラディックCI4+

これに、瞬時にドラグ力の調整ができる「ラピッドファイアドラグ」や、ベアリングでスプールを支持し、安定したドラグ性能を引き出す「リジットサポートドラグ」、軽量なCI4+ハンドルNEWマグナムライトローターなど、あれこれてんこ盛りに搭載したモデルです。

さらに今回発売された17コンプレックスから、前モデルには無かった「C2500」のモデルが追加されました。シマノユーザーにはおなじみの、2000番サイズのボディのコンパクトモデルですね。自分が購入したのは、その新たに追加されたC2500のノーマルギア、F4スプール(フロロ4lb 100m)搭載モデルです。ギアは最後まで悩んだのですが、ヴァンキッシュと使い分けもできたらいいかなと思い、今回はノーマルギアを選択しました。

以前のストラディックもそうでしたが、この箱の横のアイコン、分かりやすいしいいですよね。


まずは箱の内容物。まあ至って普通のいつものシマノリールの付属品です。右の袋には透明でよく見えませんが、リールシートを傷つけないようにするカバーシールが入っています。その他は特に特筆すべき点はありません。


箱から出した本体です。細かい部分は次回に持ち越したいと思いますが、とにもかくにも、本体重量180gとベースとなったストラディックCI4+ゆずりの軽量リールに仕上がっております。

次回は詳細チェックしていきます

バス用リールであるコンプレックスですが、自分が購入したのは当然トラウト用に。何故にコンプレックスなのかというのは、リールの詳細な部分のインプレも含めは次回に持ち越したいと思います。そんなに引っ張るような内容でも無いとは思うのですが、いいところも多い半面、箱出しの状態で少々気になる部分もありましたので・・・。ということで次回へ続きます。

 

コメントを残す

*