2017年 第1回 湯の湖釣行


菅沼に続いて、今回は湯の湖にやってきました。はてさてどうなるでしょうか・・・。

メジャーレイク 湯の湖

昨年、今年と中禅寺湖や菅沼には足を運んだものの何故か訪れていなかったのが湯の湖。中禅寺湖に行ける間は極力中禅寺湖に行きたかったというのもありますが、事前情報だと人気フィールドなだけに人も多く中々希望のポイントに入れないことも多いとのこと。菅沼に行くときに毎度横を通っていましたが、正直人混みの中で釣りをするのは避けたい・・・というのが正直なところでした。

ただ、中禅寺湖のシーズンも(個人的に)終わり、今年も菅沼に通ってシーズンを終わろうと思っていたのですが、前回、前々回の釣行記のとおりでちょっと今年の菅沼は手ごわい・・・。本来ならそれを打開する手を探りながら通うのが正解なのでしょうが、そこはヘタレアングラーの自分。あれだけ行くのを躊躇していた湯の湖にあっさりと鞍替えしたのでした。


当日は快晴!まさに釣り日和です。季節的には婚姻色の出たヒメマスが釣れる頃。事前の釣果情報などを見ているとポツポツと釣れているようだったので期待も膨らみます。

ボートで攻める・・・が!

まずは遊漁券を購入。そこで同行者ボートでやるのかウェーディングでやるのかという話に。初場所ですし、ウェーディングでゆっくり攻めるのも良かったのですが、本当にこの日は快晴で、ボートでやれば気持ちがいいのは間違いない。おまけにこの天気。釣り人も多くなりそうですし、きっとウェーディングポイントも混むであろうという判断から、今回はボートで攻めることに決定します。


レストハウス前の手漕ぎボートに荷物を放り込み、早速出船!事前にポイントなどはWEBである程度知識を入れてきたものの、中々どうしてどこに行こうかなという感じ。とりあえずボートをのろのろと進めると、魚が頻繁にライズしているポイントを発見。ちょうどボート乗り場の対岸あたりです。そこにアンカーを落として釣り開始。まずは毎度のスプーンから。選んだのはおなじみのスミスのピュア。岸に向かってキャストして、上から下へ順々に探っていきます。


・・・が、反応が無い!同行者も全く反応が無い!なんだどうした!魚の雰囲気はマックスなのですが、当たりもありません。まわりのボートやおかっぱりの人を観察しても、どうにも釣れているのはエサの人ばかり。ルアーやフライの人は寂しい感じです。うーん、これは・・・ま、まずい・・・。手を変え品をかえ、ボートを徐々に湖の奥へ進めながら何とか1匹欲しい・・・とキャストし続けます。いやしかしだいぶ日も高くなっちゃったなあ・・・。いい天気で眠くなる・・・。

ようやくヒット!

さて、そんなこんなで反応がないまま時は過ぎ、ボート乗り場から見て一番奥のポイントである滝上のポイントへ。一番人気といっても過言ではない、湯滝の流れだしの部分です。


ここはヒメマスも一級ポイントとなるため、ボートも多く、岸際にはウェーディングで狙うルアーマン、フライマンがずらり。プレッシャーは高そうですが、もう時刻もあまり残っていません。アンカーをそそくさと落としてキャスト開始です。

投げながら探っていくと、どうやら足元が駆け上がり上になっているようなので、そのような地形変化のあるポイントを攻めていきます。何度かキャストを繰り返し、その駆け上がりにそってピュアを巻いてくると・・・ガツン!と突然重い衝撃が!

ラインの先でかなりの抵抗で暴れています。タックル的にはかなり余裕のあるタックルでやっているので、のされることは無いと思いますが、結構な重量感とパワーです。先日の菅沼の魚よりも暴れてる・・・!フックアウトだけに注意しながら、慎重に魚を寄せていきます。

 
上がってきたのは、尾ヒレも綺麗な50㎝ジャストのレインボーです!まさかこんなにいいサイズの魚が釣れるとは・・・!魚からの反応が無かった時間が長かったので、喜びもひとしお!同行者とがっつり握手して、喜びをかみしめつつ、魚にはゆっくりと湖へ帰ってもらいました。ありがとうありがとう!

最後に意外な展開・・・?!

さてさて、何とか1匹ひねり出せたものの、その後は沈黙の時間が続きます。何とかあと1匹!あと1匹とキャストを繰り返しますが、日も落ちてきはじめてしまった為、残念ながらここらでボート乗り場へと戻ります。すると、別の船で一日やっていた同行者が満面の笑み!なんと、夕方30分ほどで50アップを筆頭にボート乗り場前で爆釣だったとのこと!なんだってー!

「まだ投げれば釣れるんじゃないかな?」と同行者。半信半疑で、ボートから降りて、おかっぱりからキャストしてみます。すると第1投目!なんと本当にルアーを引っ手繰られました!慌ててあわせると、先ほどの1匹ほどではないものの、結構な引き!うそだろー!こんな簡単にー!とファイトしていると、ふっと竿先が軽くなってしまいました。無念のフックアウトです。まさか最後の最後にこんな意外な展開があったとは・・・。

湯の湖楽しいかも!


そんなこんなで幕を閉じた第1回湯の湖釣行。思っていたより苦戦したものの、思ったより楽しかった!というのが正直な感想です。まだまだ攻め切れていませんし、結果も出ていないのは確かなのですが、また攻略したい!という気持ちにさせられましたね。特に最後の感じですと、おかっぱりでも全然釣りになりそうな予感なので、次回はボートではなくウェーディングで攻めたいと思います。

ルアーはあまりがっつりネイティブルアーよりは、前情報通り比較的ライトな、場合によってはエリアタックルなんかの方が有利かもしれません。放流量も多く、そういう意味ではネイティブよりのエリア?というような感じなのでしょうか。また、ヒメマスは釣れませんでしたが、釣果情報を見ているとやはり赤やピンクのカラーのルアーがよさそうなので、これも次回準備していきたいと思います。

何にせよ、課題はあったものの充実感のあった湯の湖。また次回どんな結果が待っているのか・・・楽しみです!

  • ロッド : テンリュウ RZ75ML
  • リール : シマノ Vanquish  C2500HGS
  • メインライン : シーガー PE X8 0.6号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロカーボンリーダー 8lb
  • 使用ルアー : スミス ピュア フォレスト MIU and more…

宜しければこちらの記事もどうぞ

コメントを残す

*