2017年 今シーズンのトラウト釣行を振り返ってみる ベストフィッシュ編


さて、もう年の瀬も迫った時期であります。去年に引き続きになりますが、今年1年のトラウト釣行を振り返ってみたいと思います。まずはベストフィッシュ編です。

2017年 ベストフィッシュ TOP3

心に残った、ベストフィッシュをTOP3形式で振り返ります。

第3位 群馬 大尻沼 春蝉パターン レインボートラウト


第3位は、大尻沼で出会った春蝉パターンで釣れた50アップのレインボートラウトです。正確には魚というより釣り方が印象に残ったという感じかもしれませんが、とにかく最高にエキサイティングな釣りだった記憶が思い起こされます。

トップウォータープラグでの釣りは、やはり魚がバイトするその瞬間が見られる!ということでエリアフィッシングでも多様している釣り方ですが、サイズのデカい大尻のトラウトが、ものすごい勢いで蝉ルアーにバイトするのは楽しい以外の言葉が思いつきませんでした。とても短い間だけのパターンではありますが、ぜひ次回も必ず行きたい!そんな思い出です。

第2位 栃木 中禅寺湖 ミノー ブラウントラウト


第2位は、中禅寺湖で釣り上げたブラウントラウトです。中禅寺湖での「初ブラウン」「初ミノーフィッシュ」というダブルメモリアル?な魚でした。

問実は天気は快晴だったものの、とにかく爆風!で、投げたルアーがガンガン戻ってきてしまうような状況。正直坊主の文字が頭をよぎる感じでしたが、ボイルしているブラウンにミノーでアタックしたところガツンとアタックしてくれてきた奴でした。サイズはそこまででしたが、初尽くしだったというのと、前述のような中々厳しい状況で獲れた、今後の釣行に大きくプラスできる経験になった一匹でした。

第1位 栃木 中禅寺湖 スプーン レイクトラウト


栄えある第1位は、2位と同じく中禅寺湖で釣り上げたレイクトラウトです。47㎝と世間では子供サイズですが、個人としては昨年の結果を何とか超すことができた1匹でした。

この日は小さいレイクは数匹上げていたものの、サイズがどうにも・・・。同行者はいいサイズのホンマスやヒメマスをあげていたので、どうにかここで1本・・・と思っていた中、終了間際にプロビアを引っ手繰っていった奴です。顔つきも過去に釣り上げたレイクたちより少し大人っぽい顔つきで、金色に輝くボディは本当に美しかったです。あと少しで50アップというサイズでしたが、逆にこれを超えることをまずは2018年の目標にする事が出来そうです。

更なる出会いに期待しながら2018年へ!

ということで2017年ベストフィッシュTOP3でした。これ以外にも野反湖のレインボートラウトやら、ランクに入れるか最後まで迷った魚たちも多かったです。今年の釣行はあれこれ課題が残ってしまうことが多かったような印象でしたが、2018年はこれら2017年の宿題を一つ一つ解決しつつ、更なる高みを目指して頑張りたい、そんな思いを抱かせてくれる魚たち、そして釣行だったかなと思います。

2018年はどんな釣りと魚たちが待っているのか・・・。今から楽しみです!

宜しければこちらの記事もどうぞ

コメントを残す

*