伊豆旅行と村上康成美術館

この週末は、久々に釣り無しで伊豆へ旅行へ行ってきましたよ。

いつもなら釣りに出掛ける週末。全く釣り無しで旅行に行ってきました。まず初日は清水港まで向かい、港で海産物を食べ、その後は沼津港の深海水族館へ。


全く釣り無しとはいえ、やはり魚が気になってしまうのはしょうがないところですかね・・・。深海水族館は数年ぶりに訪れたのですが、普段見る事が出来ない珍しい生き物が数多く展示されており、あいにくの空模様だったにも関わらず大変楽しむことが出来ました。


その後は東伊豆の宿に移動。アジアン風の宿に泊まったのですが、料理は和洋折衷というか、非常に素晴らしいアレンジがされたメニューが次から次へと出てきて、これまた大満足。部屋には源泉かけ流しの温泉までついており、日頃の疲れや何やらをがっつりと洗い流してきました。

さて、二日目は朝から早速観光開始です。前々から一度行ってみたかった所へ。

それがここ、伊豆高原にある村上康成美術館。釣り好きの絵本作家、村上康成さんの作品が展示されている美術館です。

この魚のイラストを見れば、釣り人ならピンとくる人もいると思います。時折ショップでこのかわいい魚のグッズが入荷しているのをネットで見ていたのですが、中々実際に手にする機会が無く、今回伊豆に旅行に行くというのが決まった時から是非訪れたいと思っていた場所です。

美術館の中は、村上さんの絵本などが沢山展示してあり、それらをゆっくりと鑑賞することが出来るようになっています。当然、これらのグッズも販売されており、手に取って購入することも可能です。

一通り気にいったグッズを買い込んで、その後は河津の先にあるizooという動物園へ。




【体感型動物園】をうたってるだけあり、ただの展示にとどまらず様々な動物達と触れ合えるのが特徴のこの動物園。普通に通路をカメやカメレオンが歩いていたり、壁一面のゴキブリの展示ブースに入れたりなど、面白いものから背筋が凍りそうなものまで様々です。また、動物達も、他の動物園と違い爬虫類や昆虫など、ちょっと普通と違う生き物たちがメインとなっており、写真のような(個人的には)ついついシャッターを切りたくなる奴らがたくさんいます。

ということで、そんな楽しかった伊豆旅行。前述の村上康成美術館で買ってきたグッズをご紹介。

ヤマメのイラストのハンドタオルと、同じくヤマメのキーホルダー。凄いかわいいですよね~。キーホルダーは何に付けようか考え中です。ロッドケースかなー。

あとはこれ、サツキマスのイラストの入ったTシャツ!これまたサツキマスがかわいい!サツキマスも是非釣ってみたい魚のひとつ。とりあえずTシャツをきて、気持ちを高ぶらせてみることにします。

たまには釣りを忘れて(ちょっと魚成分はあったものの)、こうやってのんびり旅行というのも悪くないですね。

  • LINEで送る

コメントを残す

*