Abu XROSSFIELD XRFS-802ML 広く浅くカバーするロッドの1本におすすめ!

76f06974

Abuより発売されています、XROSSFIELDシリーズのロッド、XRFS-802MLについてです。

これ1本でなんでもやろう!がコンセプトのXROSSFIELDシリーズ

AbuのXROSSFIELDシリーズは「これあれば色々使えます!」という、なんとも欲張りなコンセプトのシリーズです。自分はロッドしか持っていませんが、同じシリーズでスピニングおよびベイトリールもラインナップされており、同様のコンセプトで製品化されています。

昨今は様々な釣りの形態にあわせて、それこそ星のような数のロッドが販売されていますよね。新たな魚種、新たな釣り方に挑戦しようとすると、どんどん増えるタックル達・・・。自分もそうです。ただ、「あの釣りちょっとやってみたいな」ぐらいだったり、「初めて買うタックルはどれを選んでいいのかわからない!」なんていう人は、結構困ってしまいますよね。なので、こういう「これあればまぁ、そこそこ何でも出来ます」なロッドは、そんな人にはある意味最初に買うにはちょうどいいのかもしれません。

さて、自分の購入したXRFD-802MLですが、長さ8ft、固さはML、使えるルアーは2~24gとコンセプト通り「結構なんでも使える」仕上がりです。見た目も黒をベースとしてさし色の金が映えます。相変わらずデザインは非常にかっこいいと思うのですがどうでしょう・・・?

ブランクにはXカーボンテープラッピングを採用していて、ねじれにも強くなっているようです。また、ガイドは特にKRガイドなどを使っているわけではありませんが、PEラインを使っても特に絡まりなどが発生することはありませんでした。アクションはPFJの商品ページには特に記載はありませんでしたが、レギュラーファーストぐらいでしょうか?これまた使いやすいアクションにまとまってます。

使い心地は釣りによる 広く浅く1本でカバーしたいならありかも

さて、実際自分はカサゴおよびシーバスに使ってみました。ML表記の割には若干バット全体に貼りというか固さがあるため、2gから使えるといっても 実際にストレスなく使えるのは7g以上かなという印象です。上限は逆に24gはちょっと言い過ぎかなーとも思います。実用上限は20gあたりでしょうか?アブのロッドはよくあるのですが、下限と上限は「がんばれば使えるよ」というような設定が結構ある印象ですので、実際に自分がよく使うルアーウェイト範囲と照らし合わせる必要があると思います。また感度に関しては、特に特別凄い良くもなく、かといって全くダメかというとそういう訳でもなく、なんというかいたって普通です。

上記のバットと感度の感触からするに、軽いルアーを使って小さなバイトを取るアジングやメバリング、トラウトなどではちょっと使いにくい感じです。逆にカサゴなどに関しては、そこそこのバットパワーがあるので7~10g前後のリグを多用する人には使いやすいと思います。自分はこの範囲のリグを使うことが多いので、かなり使いやすいです。なおシーバスは・・・まだ釣ってないのでわかりません。なので大物を掛けた時の感じなどはまた追ってですね(釣れるとは言っていない)。

専門ロッドに比べると、やはり感度や扱いやすさなどに関しては厳しい部分もありますが、実売1万円を切る価格ですし、そこまで繊細な釣りをしない、とりあえずちょっとかじる釣り用に1本欲しいな、なんて人には結構おすすめです。結構どこのお店でも置いてあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

  • LINEで送る

コメントを残す

*