ついに念願の! 2016年 第3回 芦ノ湖釣行

はい、前回は厳しいながらも何とか魚に出会うことが出来た第2回芦ノ湖釣行でしたが、今回こそは!と意気込んで第3回の芦ノ湖釣行です。果たして結果は??

今回は特別ゲストの方と!

さて、2016年第3回の芦ノ湖釣行は、普段楽しく拝見させて頂いている【お馬鹿の休日倶楽部】のぐっさんと初の釣行となりました!以前よりブログを拝見させて頂いており、かなり参考にさせてもらっています。何とか一度は一緒に釣りを!ということで、今回の芦ノ湖釣行にご同行頂きました。ありがとうございます!!

楽しい記事満載のお馬鹿の休日倶楽部はこちら

今回は初場所!箱根湾エリア!

今回の芦ノ湖は、これまでの湖尻エリアから大きく離れて箱根湾側のエリアに入ることになりました。こちらは当然はじめて。ぐっさんもウェーディングでの釣行は初とのことです。取り急ぎ途中のコンビニでぐっさんと合流し、遊漁券を購入してポイントを目指します。

現地に到着すると、まあ当然ですが真っ暗!でも釣り開始はそんな日の出1時間前からなので、ぐっさんと談笑しつついそいそと準備を開始します。準備中も湖からは時折何かが跳ねている音が聞こえてきます。前回、前々回入った湖尻のエリアでは朝いちのボイルもほぼ無かったので(まあ時期もあるとは思いますが)、俄然テンションがあがります!

そんなこんなしている間に釣り開始時刻となったので湖面へと降りていきます。今日は午前中から天気がかなり崩れるという予報だったので、朝いちが本当に勝負!早速入水開始して、岸際のシャローエリアを探ることにします。

朝いちの奇跡

まずは今回から投入のssylabel(シーレーベル)のadorowa Provia(プロビア) 10gをセットします。カラーは暗い間に効果が高いと思われる、#20 ホワイトグローゼブラです。ライトで十分蓄光させて、フルキャストします。岸際のエリアは水深がないため、キャストして直ぐにリーリングを開始します。

開始して何回目のキャストだったでしょうか。ちょっと横風に煽られて自分が思っていた以上に岸際に着水したプロビアをリーリングし、着水地点から10mほどルアーが進んだ時のことです。「ゴッ」とまるで沈んでいる石に直撃したかのような衝撃が手元に伝わってきました。とっさにフッキングすると、これまで釣ったニジマスとは違う、重く強い引き

バーブレスなのでバレないよう、常にテンションをかけながら寄せてくると・・・

あ!ブラウンじゃん!

思わず口にしてしまいました。まさかの念願のブラウンの姿がそこに・・・

584f9a6a
無事にネットインしたブラウンがこちら!赤の模様がゴールドのボディに輝いています。サイズは釣った直後はもっと大きい気がしたんですが、今見ると40cmくらいですね。プロビアをガッツリ咥えています。

釣れてくれたことに感謝しつつ、リリースするとあっという間に湖へ消えていきました。

連発狙うも・・・天候悪化

朝いち、まさかの開始10分ほどで念願のブラウントラウトをゲットし調子よくいけるか?!とキャストを繰り返しますが、その後釣れたのはぐっさんのレインボーのみ(撮影しようとしたら逃げられた)。更に広範囲に移動しつつ探っていきましたが、天気予報通り急激に天候が悪化してきた上にぐっさんも自分もパワー切れとなってしまたので、車でしばし爆睡

起きだしてから最後のパワーを振り絞って探り直したものの、二人共その後魚と出会うことは出来ませんでしたので、ほどほど探ったところでストップフィッシングとしました。

帰りは絶品ラーメン そして次回へ向けて

帰りはぐっさんおすすめの厚木にあるラーメン屋で夕食をご一緒させていただきました。

b264c9a6
かなりの有名店らしく、いつもはかなり混雑する店舗のようですがこの日はそうでもありませんでした。醤油ベースのスープが冷えて疲れた体に染みます。更にこのからあげ!ご飯が進んで進んでしょうがない味で、ラーメンともどもこれは人気なのも頷ける逸品達でした。食事中も楽しい釣り談義が出来、本当に充実した釣行となりました。ぐっさん一日ありがとうございました!!

さて今回の釣行でわかったのは、やはりまず重要なのは場所なのかなということ。ウェーディングであれば尚更、確実に魚が付いているであろうポイントへ釣れる時間に入ることが重要であると思います。釣りにおいて当然のことではありますが、なかなかどうして確
実に実行できていないのも事実。一箇所に固執せず、情報収集を行いながら広大な湖からポイントを選び出すことを更に心がけると、釣果は伸びると思います。

次にルアーカラー。今回、朝いちの暗い時間はグローカラーのスプーンをセレクトしましたが、やはり暗い時間はこのようにアピール力の高いカラーで攻めるのが重要なのかなと思います。考えてみればエリアのトラウト達も、グローカラーがかなり効果的な場面が多いですよね。

それにしても、3回目の釣行で念願のブラウントラウトが釣れました。釣れた時は感動で手が震えたのを今でも思い出します。こういう「念願の一匹」に出会うたびに、更に釣りにのめり込んでいくんだろうなあと改めて感じた釣行でありました。

使用タックル

  • ロッド : AbuGarcia TroutinMarquis BORON TMBS-732M
  • リール : AbuGarcia Revo MGX  2500S
  • メインライン : バークレイ スーパーファイアーライン 0.8号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 10lb 

 

コメントを残す

*