カサゴ釣りにおすすめのリグはこれ!

32400704

横浜沖堤防でカサゴが好調だったという記事を書きましたが(記事はこちら)、その際に使っていたリグを紹介します。

それがこれ、「直リグ」です!

自分はこのリグ、最近まで知りませんでした。バス釣りしている方はお馴染みのようですね。呼び方は色々あるようですが、基本的には同じもののようです。お店では完成品も売っていますが、結構単価が高いので自分は自作しています。

76579b25
自分がよく使うタイプはこの作り方です。スイベルにスナップリングを取り付けて、その取り付けたスナップリングにオフセットフック、シンカーを取り付けています。この作り方ですと、フックやシンカーにかなり自由度がありますので、何タイプかを数個ずつ作っておけば、様々な状況に対応できると思います。

ただし感の良い方ならお気づきかと思いますが、 この作り方の場合、フックの自由度がかなり制限されます。スナップリングの2重になっていない部分にフックのアイを通すわけですが、可動域がかなり少ないです。今のところこれでフッキングが悪かったという印象はありませんが、少なからずルアーの動きに影響はあるかもしれませんね。ちなみにスナップリングはトラウト用の小型のものを使っています。

4b1d570c
こちらはDECOYのオープンスイベルを使って作ったものです。

スナップリングを使うものに比べてものすごく簡単に作れます。スイベルにシンカー、フックの順で通した後にペンチやプライヤーで締めるだけです。ただこのタイプの場合、スイベルに通るアイを持つフックでしか作れませんので、結構フックサイズ自体が大きくなってしまいます。そこがネックでしょうか・・・。

直リグ、メリット デメリット

メリットは何といっても根掛かりが非常にし難いという点でしょうか。このリグの存在を教えてくれた某釣具店の店員さんも根掛かり回避能力が高いと言ってましたがその通りだと思います。利用するシンカーの形状による部分もあるかとは思いますが、このような細長いタイプのシンカーだと岩などにも引っかかりにくいんではないでしょうか。また、良く使われるテキサスリグに比べて、ラインに傷がつきにくいんじゃないかなと思います。構造上ラインが海底に当たりにくいと思われるので、ラインブレイクの原因を減少させる事ができていると思います。

デメリットは・・・現時点で特筆するような点は無いなーというのが正直なところですが、あえて上げるなら他のリグに比べて構成パーツが多く、結果的にリグ単体の価格が高いというところでしょうか。ただ、根掛かりは上記のとおり結構回避できることが多く、結果的にストラクチャーを攻めた場合でもロストしにくいので何とも言えないところです。

個人的にテキサスやジグヘッドより使いやすいと感じてますので、まだ試した事がない方は是非自作してみてください!

  • LINEで送る

コメント

  1. マッキン より:

    マッキンリグをお試しくださいませ。
    好きなフックとシンカーをスナップに一緒に取り付けるだけです。

  2. ytkampf より:

    コメントありがとうございます!
    マッキンリグ…お恥ずかしいことに全く知らないリグでした…早速調べさせて頂いたのですが、これは素晴らしいですね!早速実践投入させて頂きたいと思います。

コメントを残す

*