ハンドメイドランディングネット完成 次に向けてのまとめ

b91d9afb
毎度のごとく酷い写真ですが、先日書いたランディングネットが完成しました。

ようやく完成 かんたんなまとめ

初のランディングネット作成ということもあり、のんびりのんびり手探りで作っていたのでかなり時間がかかってしまいました。時間がかかったからいい出来栄えか?というとそうでもなく・・・。とりあえず、次回作に向けて個人的なまとめを書いておきたいと思います。

まずは組み立てにおいては、フレーム材を接着剤で固定する際に、一番外側に当木をしなかったのでそこら中凹みや傷だらけになってしまいました。こんなのはちょっと考えればわかることではあるので、なんで作ってる時に気が付かなかったのやら・・・。サンディングで誤魔化せる範囲を超えてしまったので、次回作はきちんと当木をしてフレーム材を保護したいですね。

次は塗装に関して。今回サンディングシーラーを使わなかったせいなのか、全体的にやはり平面がデコボコになってしまいました。特にグリップ材の部分がパッと見でも分かるくらい表面仕上げがひどくなってしまっています・・・。そしてそのデコボコを隠そうと、塗装を何度も何度もやりすぎてしまい、せっかくの木目がいかせない結果に・・・。次回作はきちんとサンディングシーラーで表面を均してから塗装したいと思います。

2個目はきれいに作りたい・・・

その他にも直したいところはいくつもあるのですが、特に気になった点を書いておきました。現在2個めも作成を開始したので、そちらも無事完成したらアップしたいと思います。


コメント

  1. 山形バサー より:

    はじめまして!過去記事にレボLTのインプレを拝見させて頂き、お聞きしたい事がありましてコメントさせて頂きました。
    今回レボスチュディオス(ベースがレボLTとお聞きしました)を購入したのですが…空回ししてみるとやはりコリコリ感があり、管理人さんがおっしゃっていたベアリングが一つの原因かと思われます。
    そこで主にどの箇所のベアリングを換えるべきか、また購入ルート等を教えて頂けると幸いです…
    突然の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  2. ytkampf@管理人 より:

    こんにちは、コメントありがとうございます!嬉しいです!
    レボのベアリング交換ですが、基本全部交換しちゃうくらいの勢いでいいと思います。というのも、標準搭載のベアリングは当たり外れがかなりあるので、一概にどこが主な原因ですとも言いにくいのです…。
    ちなみに自分はメインギア両端のものを交換しました。ここ以外はグリスを除去して、オイル注油で使っていました。
    また、分解記事にも書きましたが内部の研磨(特にオシレートギアとオシレートスライダー)を同時にやるとかなりゴリゴリ感は改善されると思われます。むしろ、ここの仕上げが酷い個体だと、いくらベアリングを交換しても効果は低いと思われます。
    最後にベアリングの購入先ですが、自分はNMB(ミネベア)のものを楽天にて購入しました。
    http://www.rakuten.co.jp/109-59/
    購入先はここです。
    現在はMGXにリールを切り替えてしまったので、手元にLTがなく余り細かいアドバイスが出来ず申し訳ありません。
    少しでも参考になれば幸いです。

  3. 山形バサー より:

    お忙しい中、詳しいご回答ありがとうございます!!
    普段はシマノ、ダイワのスピニングを使用しているのですが…前々からアブのデザインは好きで、今回桧原湖用に初めてスチュディオスを購入してみました。
    ライトリグ中心で使用する予定でしたので、巻き心地は度外視していたのですが…やはりコリコリが気になりまして(^_^;)笑
    ローター部とボディ内部のベアリングの交換と、上手く出来るか不安ですが…研磨の方もトライしてみたいと思います!
    ちなみに管理人さんはオイルは何を使用されていますか?
    また②質問になってしまいますが、宜しくお願い致します!

  4. ytkampf@管理人 より:

    おはようございます、ytkampfです。コメントありがとうございます!
    アブのリールは国内メーカーとも違う攻めのデザイン(笑)で自分は大好きなのですが、やはり巻き心地など内部の仕上げは一歩及んでくれませんね…。自分みたいにグチャグチャいじくり回すのが好きな人間はいいんですが、そうじゃない人には中々お勧めしにくいのも率直なところです。
    ちなみにオイル関連ですが、本体内部のギアなどには普通のダイワの純正グリス&オイルスプレー、ベアリングオイルはRC用(表面のラベルが剥がれてしまっててどこの奴か判別できなくなってしまってますが…)です。本当はもっといいのを使いたいのが本音ですが、先立つものが多すぎて…。
    とりあえずベアリングに関しては、グリスを抜いて回してみると、外れのは明らかにゴリゴリしてるのが分かるので、内部のどっちゃり盛られたグリス類を除去しつつ、外れのベアリングを探して交換されるのでもいいと思います(ステュディオスの内部は見たことが無いのでグリスの多さは不明ではありますが…)
    桧原湖ということはスモールマウスでしょうか?自分もいずれ釣ってみたいと思ってます。いい釣果期待してます!

コメントを残す

*