じっくりボトム攻めに!DECOY フラッシュボム インプレッション

先日の横浜沖堤防では直リグをメインに使っていましたが、もう一つ、カサゴの反応が良かったリグがあります。

それは DECOY フラッシュボム です

62b0da8c
それがこれ、DECOY(カツイチ)のフラッシュボムです。もはや細かく説明するような事もないとは思いますが、俗にいうボトムズル引き用のリグです。自分は直リグはロッドを煽って底を叩くように動かしたり、細かくシェイクしたりという使い方をしていますが、こいつは上記の通り、投げたらボトムをズルズルとジワジワ探る時によく使ってます。

重量は5gをメインに、3.5gと7gも場合によって使い分けてます。当然軽いほうが根掛かりもしにくいですが、飛距離とのバランスで自分は5gです。遠投して広くズルズルしてきたいときは7gをブン投げて使っています。

また、通常のジグヘッドと違いフックがフリーに動きますのでフッキングがいいように感じます。大抵こいつで釣り上げるとガッツリとフックがかかっていることが多いです。おかげでバラしが非常に少なく感じます。

トレーラーを着けて使うのがおすすめ!

単体で使ってもいいのかもしれませんが、自分はクロー系のワームをトレーラーで着けて使っています。

c052d931

写真はエコギアのバグアンツ2インチ「チヌ職人」を装着していますが、2~3インチくらいのサイズがちょうどいいと思います。浮力のあるワームであれば、ズルズル引きずりながらワームが勝手にアピールしてくれるので更にいいかもしれません。

根掛かり回避にはPEと組み合わせるといいかも? ただ注意点も。

あと、これはあくまで自分の場合は、ですがPEと組み合わせて使うことが非常に多いです。ボトムズル引きは根掛かりの可能性が高くなる傾向にあるのは致し方ない所ですが、少しでも回避したいので感度重視でPEとフロロのリーダーの組み合わせで使っています。感度のいいロッドと組み合わせると根掛かりしそうな時に「あ、根掛かりそう・・・」という前兆?のようなのも分かりますので、ちょっと竿先を煽って回避できることが非常に多いです。

ただ、PEは当然根ずれに弱いので注意が必要です。リーダーはちょっと長めに取っておくことをおススメします。また、こまめにラインの傷チェックをする事を忘れてはいけませんね。自分はまだ経験がありませんが、当然この釣り方をしているとチヌが釣れる可能性も高いので、突然の強烈な引きでラインブレイクなんて悲しいですよね(自分も魚も)。

リグ単体で見ると値段が結構張ってしまいますが、おススメなので気になる方は使ってみてください!

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*