おすすめジグミノー ANREs ベロッソ インプレッション

最近湖での釣りに多用しているジグミノー、ANREs ベロッソについてです。

レイクフィッシングオススメルアー ジグミノー

今年から中禅寺湖や芦ノ湖など湖でのトラウトフィッシングをやり始めたわけですが、その際に自分が多用しているのが、いわゆる「ジグミノー」です。聞いたことあるけどあまり使わない(使ったことがない)という人も多いんじゃないでしょうか。

自分もそのうちの一人だったのですが、たまたまいつもの釣具屋のレイクフィッシングコーナーに置いてあるのを発見し、興味本位で一つ買ってみたのが始まりです。近年はスライド系スプーン(MTレイクスやプロビアなど)が、こと中禅寺湖などでの有効性から流行していますよね。あれはスライドしてフォールしていくので、重量が重くなっても非常にフォールを長くとることができ、長時間魚にアピールすることが出来る優れものです。メタルジグなどですと、飛距離を出そうと重くするとどうしてもフォールが早くなってしまいがちですが、その弱点を見事克服しています。

さてさて、前置きはこのくらいにして今回のベロッソについてです。

438deec5
まずはボディ。非常に艶めかしい鱗模様が入れられており、これがフォールしていくときにギラギラといやらしく光ることで魚にアピールしてくれます。メタルメタルした感じではない、ちょっと落ち着いた感じが本物の魚のようなフラッシングを発生させるのかもしれませんね。

47846788
また、フックの取り付け部にスイベルが内蔵されており、フックがフリーに回転してくれます。そのおかげでフォールの当たりも確実にフッキングしてくれるようです。強度に関しても問題は無いように感じます。ウェイトのバランスやプラスチックボディの水中での抵抗か、フォールに関してはゆっくり、ヒラヒラとしたアクションを見せてくれます。スライドスプーンともまた違う感じで、トラウトへじっくりとアピールしてくれるところがとても気に入っています。

個人的に不満点が見当たらないくらい気に入っていますが、プラグの宿命でスプーンやメタルジグに比べて販売価格が高めなのがネックなくらいでしょうか。ボトム付近を攻める場合、特に中禅寺湖など根掛かりが多発するフィールドはちょっと勇気がいりますね…。ジグミノーとしてはスミスのトラウティンサージャーが比較的有名かと思いますが、ベロッソもかなりのポテンシャルを秘めてると思いますので、是非一度お試しください。


コメントを残す

*