まぐれってあるもんだ 山梨釣行記 その2

9519854d
さてさて、ダムでの釣りに続いて上流の流入河川へとやってきました。

ダム湖上流の河川へ

この流入河川、いわゆるバックウォーターというやつでしょうか。ここは湖畔の遊歩道からそのままエントリーが出来る、渓流初心者には嬉しい場所です。ただ、それはプレッシャーも高いということに直結するでしょうから、本格渓流釣行2回目(1回目は湯川なので、ほんとの渓流はこれが初ですかね)のへっぽこアングラーに果たして魚は出てきてくれるのでしょうか・・・

e582087c
川の水は目を見張るほど透き通っています。自分はウェットウェーディングスタイルなので(これはまた追々)、ジワーッと水の冷たさが伝わってきます。当日の高めの気温と相まって、とても気持ちがいいです。

さてさて、そんなこんなで早速実釣開始です。渇水の影響なのか、それとも毎度こんなもんなのか初場所なので些か不明ですが、かなり浅い流れです。ヘビーシンキングミノーだとちょっと釣りにくそうなので、毎度お世話になってますなスミス AR-Sをチョイス。むしろ最近水深だなんだなんて関係なく、スピナーを多様しているような・・・・。それだけスピナーの使いやすさ、威力は絶大だと改めて感じる事が多いからなんですが・・・。

アップでキャストし、流心の横をブレードがきちんと回るようにリトリーブしてきます。その1投目、沈んだ岩の横をスピナーが通過した時、クン!とティップが引きこまれました。そのままテンションを抜かないよう、一気に魚を寄せてネットへ!

0fadecd3
サイズはそこまでですが、とても綺麗なイワナです。先日作ったランディングネットと一緒にパチリ。うん!こういうのがやりたかったんですよねー!最高です!

75e642a5

dsc_1110
その後も川沿いにノソノソと上流へ釣り上がって行きます。時々スピナーを追ってくる影がいるのですが、どうにも自分の立ち位置が相変わらず悪いのか、あと一歩!で帰って行ってしまいます。まだまだ精進が必要ですねえ・・・とほほ。

24daacb1
それでも時々、優しいイワナが自分のスピナーをパクリとやってくれて、その度にとても心が満たされました。綺麗な渓魚と戯れる・・・嗚呼、なんて贅沢な時間なんだろう・・・。生きててよかった・・・

大満足の渓流釣行

2時間ほど釣り上がって時計を見ると夕マズメまであと少しの時間。初場所なのであまり遅くまで粘るのは得策じゃないでしょうし、このあたりで退渓することとしました。

ダムでは残念な結果でしたが、その後の渓流はビギナーズラックといいますか、AR-Sの力というべきか、優しいイワナ達のおかげといいますか・・・とにかく充実した時間を過ごすことが出来ました。次回はもっと上流まで釣り上がってみよう!途中のあのポイントもああやって攻めよう・・・なんて考えながら、足取り軽やかに駐車場へ戻るのでした。

しかし・・・今回これでは終わらなかったのです・・・。

使用タックル

  • ロッド : シマノ CARDIF NX B48L
  • リール : ABUGarcia Revo ALC-BF7-L
  • メインライン : DUEL アーマードフロロ 0.6号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 5lb 


コメントを残す

*