まぐれってあるもんだ 山梨釣行記 その3

923be84c
さてさて、引っ張りに引っ張った、山梨釣行その3です。それは最後、突然に・・・。

最後の悪あがきをする そして・・・

優しきイワナ達に癒やされ、やっぱりネイティブ楽しい・・・!これは本当に本腰入れて今後は取り組もう!なーんて考えながらルンルン気分で駐車場へ戻ってきました。

さて、帰ろうかなと思い車のトランクを開けると午前中使っていたタックルがそのままです。すっかり忘れてました。自分で思ってた以上にダムで粘ってしまったため、そそくさと渓流に向かうのに使っていたタックル一式をトランクに車に放り込んだままにしていたんですね。

「せっかくここまで来たし・・・最後に5投だけやろうかな・・・」

別に特別深い考えはありませんでした。ライズを見かけたとかでもなく、本当になんとなく、そう思ってタックルを担ぎ湖畔へ向かいました。

湖畔に立つと、午前中とほぼ同じ静かな湖面です。一応夕マズメなんですが、あまり生命感がありません。強いて言えば、巨大な鯉が悠々と泳いでいるくらいでしょうか。

さて、ルアーは何にしよう・・・。ルアーケースを開けると、そういえば今日1回も使ってないルアーがあるのに気が付きました。それはANRE`S(アングラーズリパブリック)のべロッソというジグミノー。もともと中禅寺湖や芦ノ湖で使ってみようかなと買ってあったものです。カラーはネイティブの鉄板?の黒金です。ベリーにちょっと赤が入っていて、細かな鱗模様がとても美しいルアーです。

スナップに取り付けて1投目。フリーフォールでボトムまで落とします。13gのルアーで40秒ほどでしょうか。着底後、すぐにアクション開始です。ラインスラッグを取るようにロッドを煽り、ジグを跳ね上げます。5回 シャクってその後はボトムまでテンションフォール。足元に近づくにつれてフォール時間が短くなります。かなり急激に駆け上がりになっているようです。

1投目は異常なし。少しコースを変えて2投目。同じようにボトムまでフォールさせ、シャクリからのテンションフォールを開始します。そして3回めのアクション後、テンションフォールを開始してすぐに「ググン!」とティップが引きこまれました。

え!まじで!とびっくりしつつ合わせを入れると、先ほどまでのイワナ達とは違う、かなりの重量感。そいつはボトムへ、ボトムへと逃げようとしてジワリジワリとドラグを鳴らしています。これは確実に良いサイズ!中禅寺湖のように手前に岩があったりはしないのですが、慎重に、丁寧に魚を寄せていきます。

しばしのやり取りのあと、魚の姿が見えました。おお!これは!と思わず口から出てしまうサイズ。確実に尺は超えています。足元まで気を抜かないように寄せ、一気にネットイン!

奇跡の1匹に出会う

fc7b7406
釣れたのは丸々太ったイワナ!先ほどまで釣っていたイワナ達とは丸っきり違う、同じ魚とは思えない太さです。

7b1034f0

59d14267
サイズを測ると、33cm!自分ではもっと大きいような気がしていましたが、それでも尺超え!初の巨体に興奮が抑えきれません。自作のネットは直径がぴったり30cmなので、そこからはみ出す魚をまさか初回の釣行で出せるとは・・・。

ちょっとやりとりに時間をかけすぎてしまったので、ゆっくりと体力回復をしてもらい、お帰りいただきました。悠々と深場に戻るその姿は今でも忘れません。

これで、最後の最後にミラクルが待っていた初の山梨釣行は終了。まさに、「ビギナーズラック」という言葉がぴったりな、あまりにも出来過ぎな一日でした。そして、また来たい!そう強く思ったのでした。

使用タックル

  • ロッド : テンリュウ RZ75ML
  • リール : シマノ Exsence BB 3000HGM
  • メインライン : YGKよつあみ G-soul X8 Upgrade PE 1号
  • リーダー : バリバス トラウトショックリーダー 10lb


コメントを残す

*