渓流ベイトフィネスに! シマノ CARDIF(カーディフ) NX B48L インプレッション

2bd0c8b9
今回は渓流釣行での相棒として購入した、シマノのカーディフNX B48Lについてです。

ネイティブをベイトタックルでやるために!

今年、渓流での釣りをやろうと思い立ったその時から、タックルはベイトでやりたい!と思っていました。そこでまずロッド選びから始めたのですが、最近は本当に安いのから高いのまで、様々なメーカーから沢山のトラウトベイトフィネスロッドが出ていますよね。

まずはネットで情報収集しつつ、店舗で現物を見たりしていくつかの候補に絞り、その候補の中で散々迷ったのですが、ちょうど某黄色い中古ショップでいい状態の格安品が出てきたので、購入に至りました。

2a275c5a
この記事を書いている時点で数度渓流とエリア釣行に持ちだしているのですが 、一言で言えば「とてもいい!」です。まずは、とてもしなやかなティップと十分なバットパワー。シマノの製品ページにもありますが、この製品にはソフトチューブトップというのが採用されています。このおかげか、自分が渓流で多用するスピナーや、エリアでのクランクなども魚がバイトした際に弾くような事もなく、非常にノリがいいです。

00532d8d
そんなソフトなティップを持っているものの、全体的に必要にして十分なパワーを持っています。渓流魚は余裕なのはもちろんですが、40cmオーバーのエリアのトラウトも、全く問題なく寄せてこれます。ヘビーシンキングミノーなどのトゥイッチングも、ベリーからバットに十分な張りがあるのでとてもやりやすく、キビキビとしたアクションが可能です。

リアグリップも短く、手首を駆使したキャスト(自分のうまい下手は別として)もストレス無く行え、重量も軽いため一日キャストを繰り返しても疲労がとても少ないです。

大満足!なんだけど・・・1点。

・・・と、正直不満点はほぼ無い状態なのですが、1点。個人的にどうしても好きになれない点があります。

cb064a0a

1b83b859
それがこれ、リールシート部のデザインです。 どうにも近未来的すぎるデザインだと思うのですが・・・。他社が結構ウッドを使ったりしておしゃれなデザインを採用しているものが多いので、余計に気に入らないというか・・・。確かに持ちやすいですし、CI4+を使いたかったのは分からないでもないのですが、正直ダサいです・・・。ここはそのうちグリップ変更しちゃうかも。

と、不満も述べましたがとてもいいロッドです。特に自分のような初心者にも非常に使いやすく、様々なルアーに万能に対応してくれる汎用性の高さがあると思います。最初の1本に迷っている方は、ぜひ一度検討してみてください!


コメントを残す

*