Revo ALC BF7 を購入!快適ベイトフィネス生活開始しました

32c6af6c
先日紹介したカーディフに搭載するリールとして、Abuから新たに発売された【Revo ALC BF7】を購入しました。

Abu期待の新製品!Revo ALC BF7!

当初、カーディフにあわせるリールは同じくAbuのRevo LTXやLTなどを考えていましたが、ちょうどいいタイミングでALCが発売となりましたのでこちらを購入してみました。

b98151b3
同時に発売されたLTX-BF8も、ハイスピードギアや129gという軽量なボディにとても魅力を感じていたのですが、ちょっと高い・・・。ALCはLTXに比べて値段は低めに設定されていますが、基本的な仕様はLTXに引けを取らないので、ALCと購入と相成りました。

b1ce1326
基本スペックはこんな感じです。これまではオールドリールばかり使っていたので、このALCの巻き取り量でも十分にハイギアに感じます。実際釣行で使用しても、特に巻き取り量不足で困るような場面に今のところ遭遇していません。

4ff0b0ff
全体的には、いかにも今風な色合いとデザインで纏められています。アクセントのゴールドカラーが、先日発売されたRevo PRMを彷彿とさせるちょっと派手目なデザインです。

172b681b
ちなみに付属品として、変えナットプレートが付属しています。ただ、これだけ色を変えるとちょっと全体からここだけ浮いてしまう感じなので、社外品のドレスアップパーツを装着した際などに一緒に変更するといいかもしれませんね。

e7725af8

14311e41
また、今回から採用された新マグネットブレーキ【マグトラックス3】ですが、本体下部の爪を動かすと簡単にサイドカバーが外せますので、調整も簡単です。最初から多めにマグネットが付属していますので、自分好みのブレーキ設定に出来ると思います。なお、自分はPFJの製品ページにある推奨設定にて設定して使っています。

6abb0bb5
スプールは超々ジュラルミンで出来た軽量なフィネススプールが標準装備されていますので、社外品などを改めて購入しなくとも、快適に軽量ルアーを扱うことが出来ます。ラインキャパシティも通常の釣行で不足するようなことはないキャパシティは確保していると思います。

c9d4e10b

e4ce288b
前述のカーディフに搭載してみるとこんな感じです。気に入らないと言っていたリールシートも、ALC自体がかなり今風なデザインなので、逆にしっくりきていますね。ボディもかなりコンパクトに仕上がっていますので、キャストもパーミングも非常に楽に行えます。手首を返す細かなキャストが多い渓流においては、手首の疲労軽減につながってくれており、非常に快適です。

釣行では、ネイティブでは2g〜5gぐらいのルアーを多様していますが、自分のようなヘッポコ初心者でも非常に快適にキャストすることが出来ます。そのへんの使用感はまた別途・・・。

と、以上簡単なインプレでした。初めてのベイトフィネスに非常にお勧めの1台ですので、今後も使いながら感じたところをどんどん書いていきたいと思います。

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*