イワナも人も上流を目指す? 山梨釣行

2de6c621
イワナは川の上へ上へと昇っていく習性がある。これは有名な話しですよね。上流の細い細い流れの「え?こんなところで?」というところで釣れてしまう(または見かける)、このイワナという魚には、渓流釣り一年生の自分は、ただただ驚かされるばかりです。

魚を探して川を登る

さて、そんなイワナを追いかけて釣り人達も川の上へ、上へと昇っていく習性があるのもまたご存知の通り。この時の釣行は、自分も魚を追っていつもより上流へと進んでみることにしました。というのも、やはりシーズンも進んできて入渓者もひっきりなし。特に自分が訪れるポイントは車道からもエントリーしやすくなおのこと魚の警戒心が高くなる傾向にあるのではないかと。回数を重ねるごとに、最強ルアー(と自分は信じている)スピナーさえ見向きもしない魚が増えてきました。

まぁ自分の技量の無さをさて置いて、魚のせいや場所のせいにするのも甚だどうかと思う話しですが、そんな自分でもまだ相手にしてくれる優しい魚はきっと上流にいるはず!と信じて釣りを開始です。

2cf4a806
毎度のダム直後のエリアから入り始めますが、やはり前述の通りなかなか渋い状況。一瞬追いかけてくるけどすぐに帰っていってしまう、バイトが一瞬で針掛かりしない。そんなのを繰り返すこと数度。うんうん唸りながらスピナーの色をとっかえひっかえ、川を進んでいきます。途中、岩に流れがあたり両脇の流速が早くなり、岩の手前が緩くなっているポイントを発見。そこを通過するようにアップクロスでスミスのAR-Sをキャスト。手前の流れに差し掛かった瞬間、ロッドに重みが伝わりました。

b6960edb
釣れたのは小さいですがアマゴ。写真が相変わらずで全く表現できてませんが、前回の釣行で釣ったアマゴ同様、模様がとても綺麗に出ていました。とりあえずボウズ逃れが出来たのと、綺麗な魚体に思わず溜め息が出ます。

c307a5a5
その後もズンズンと釣り上がると、堰堤に到着。いかにも…なポイントですよね。この深みにはきっと大物がいる!と気合いが入ります。見るからにそこそこ水深があるので、スピナーではなくヘビーシンキングミノーをチョイス。選んだミノーはimaのissen 45Sのサンスイオリカラ。45mmのサイズながらそこそこ重量もあり、なおかつこのサンスイオリカラは頭の部分がペイントされているのでルアーの位置も把握しやすくなっています。

目の前の堰堤の深場に向かってアップでキャスト。じっくり沈めて平打ちさせた直後、ゴツっとバイトがでました。これは大物…!と思いきや、すんなりネットイン…。

f72714df

797afd99
ちっちゃいイワナがミノーにかじりついていました。釣れてくれたのは嬉しいんだけど、君じゃないんだよなぁ…。

cf858602
更に遡上を続けると、こんな雰囲気抜群の滝が現れました。これこそ大物に相応しい!と気合いをいれて角度を変え、ルアーを変え攻めてみましたが、魚からの反応は無く…。ただただマイナスイオンを体に浴びまくってこのポイントを後にしました。

頑張って遡行したけど結局は・・・

結局前回の倍の距離を歩いてみましたが、反応はそこまで良くありませんでした。まぁ自分の攻め方の問題なのは心のどこかで分かってはいたものの、退渓しようと谷の上を見上げると、道端に止めてある車が目に入り、「あぁ、やはり皆上を目指してやってくるのだなぁ…」と途方に暮れてしまったのでしたとさ。

使用タックル

  • ロッド : シマノ CARDIF NX B48L
  • リール : ABUGarcia Revo ALC-BF7-L
  • メインライン : DUEL アーマードフロロ 0.6号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 5lb 


コメントを残す

*