Revo NEOS 2000S 使い心地はどんな感じ?

dcf54098
さて、今回はRevo NEOSの実際の使用感などについてです。

巻き心地は・・・独特です

NEOSを買った方の大半が「巻くとシャーシャーいう」「巻きがそんなに軽くない」とインプレされていますが、まさにその通りです。当時こいつを買ったときは見た目とアブというブランドに惚れて、大して調べもせずに買いました。その時は結構いい値段がしたので、それなりに期待はしていたのですが・・・。

c8da43ea
まず巻き心地に関して。極端に重いわけでもなく、かといって軽くもないです。少なくとも同価格帯のダイワやシマノのような感じを期待するのはやめたほうがいいと思います。自分のは2000Sなのでハイギアではないのですが、巻きはじめが重く、一度回し始めるとその後はそこまで重さを感じず巻くことができます。とはいっても、ゴリ感などがあるわけではなく、回転はスムーズだと思います。一言でまとめると「ヌーっとした巻き心地」でしょうか・・・。

音に関しては、本当にシャーシャー音が鳴ります。最初は中の当たりがついていないのかと思ったのですが、しばらく使ってもあまり変わりませんでした。ロッドに取り付けるとあまり気にならなくはなりますが、それでも一度気になりだすと・・・。これは後日分解記事でも書きたいと思いますが、内部構造といつものどうしようもないベアリングのせいだと思います。LT2000ではかなり改善することができますが、NEOSは完全に克服することはできませんでした。

ライントラブルについて

これもよく言われるライントラブルに関してですが、正直最初はトラブルだらけでした。おかげで一時期はお蔵入り寸前になっていましたが、クセが分かると殆どトラブルは起きなくなりました。ポイントは「ラインの巻き量」と「固さ」だと個人的には思っています。巻き量はスプール7分目~8分目にしましょう。少なすぎると飛距離が落ちますので、国産メーカー品よりも気持ち少ないくらいかな?くらいでとどめておくのがいいです。また、固めのライン(特にフロロ)はあまり向いていないようで、逆にしなやかなPEラインだとほぼトラブルなく使えています。なので自分はPEライン専用機にして使っています。

でもいいところもありますよ!2つのポイント

d9b19e5d

いきなりダメ出しから入っちゃいましたが、いいところもあります。
まずピュアフィッシングの製品ページにもありますが、 ボディなどに特殊メタルコーティングが施されています。これ、本当に塗装が強いです。購入してから約2年、かなり手荒に扱いましたがスプール、ボディ共にに大きく目立つ傷はついていません。これは大きなメリットだと感じています。また、樹脂ボディのおかげで冬でも冷たくありません。これも個人的にはうれしいです。

次にドラグですが、 かなりクリック幅が細かいです。おかげでドラグの微調整がかなり効きますので、安心して魚の動きにあわせてファイト中に調整が可能です。ドラグの効きに関しては、ある程度までは粘りつつ必要な時には必要な分ラインが出るという、普通だけと安心できる感じです。前の記事でも書きましたが、ドラグ調整ノブが大きめなのもあって、ドラグ部に関してはかなり満足です。

クセは強いですが、いいリールですよ!

4e27f8fd

上記のように、いいところも悪いところもハッキリでている、クセのあるリールだと思います。ただ、悪い部分はある程度は使い方と調整で克服できますので、細めのしなやかなPEと組み合わせると本当に使いやすいリールなので、現在はエギングとライトソルトに活躍してくれています。また、やはり人気がないのか、中古でも結構状態がいいのに安いことが多いので、見かけたら一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

さて、次回はようやく分解と調整編です。

 

コメントを残す

*