”バラシ病”という病気 山梨釣行

f8d0e1f2
釣り人が永遠と発病するであろう【バラシ病】。この日の釣行はまさに重症な一日でした・・・。

初エリアに入渓

この日は初の河川。山梨県内ではかなり有名なエリアなのですが、これまで「行ってみよう」と思っても他の場所に遠征しちゃったりして、なかなか向かうことができず日々は過ぎていってしまい・・・。

d49b66e8
渓流のシーズンも残すところ僅かとなった9月の頭。意を決して・・・という訳でもありませんがようやっと訪れることができました。

折しも訪れる数日前はかなりの雨が降り、当日川に降りると結構な増水。「笹濁り」とまではいきませんが、若干にごりも入っているようです。取り急ぎ川岸の駐車スペースに車を停め、準備を整えて釣り上ります。

cad74cb9
川の水に浸かると、見た目以上に流れが速く下手をすると押し流されてしまいそうです。細心の注意を払いながら、魚への警戒心を与えないようにすることも考えて極力岸から投げていきます。

しかしどうにも魚から反応がありません。チェイスもポツポツ・・・。流石人気河川。おそらくもうかなり魚がスレてしまっているのかもしれません。まあ本音を言えば自分のエントリーの下手さやルアーアクションやコース取りの未熟さもあるのでしょうが、こうやって魚のせいにすれば気楽なもんです。

ようやく魚を発見!でも何かがおかしい!

しばらく魚からの反応がないまま釣り上がっていくと、かなりの落ち込みのあるポイントへ。遠目から覗いてみると、落ち込みからの強い流れの外にかなり魚が溜まっています。それも、小さいのに混じってかなりのデカいやつも!落ちてくる餌を待っているのか、悠々と流れの上流に頭を向けて泳いでいます。

焦る気持ちを抑えながらミノーをアップクロス気味に投げ、ドリフト気味(実際はそんなたいそうなもんではなく、なんとなく流してるだけですけど)に流れに乗せて下流へ。ミノーを反転させてアクションを入れたところ、ガブ!っと魚がミノーを襲うのが見えました

すかさずフッキングすると、先程見かけたデカいやつではなく、レギュラーサイズのレインボーのようです。それでもこの日のファーストフィッシュ。丁寧に丁寧に・・・と背中のネットに手を掛けたまさにその時、フッ・・・とロッドからテンションが抜けました。

「そそそ・・・そんな・・・」

魚はビューンと流れの中に帰っていきました。おかしい・・・別に暴れていた訳でもないしテンション抜いちゃったわけでもないのに・・・。気持ちを切り替え、同じようなコースで再度流しなおすとまたもヒット!今度こそ・・・と力んだのがいけなかったのかは知りませんが、そいつも華麗にフックを外して逃亡。このへんで若干いやーな感じが・・・。

いやいやいや!まだまだ!そんな時もある!と若干レンジを下げて再度流します。そしてミノーが強い流れから外れた瞬間、ズンッ!とロッドに強烈な重みが!偏向グラス越しに見えるのは、なんとさっき見かけたデカいやつが自分のミノーを咥えているじゃありませんか!これは逃がしてなるものか!さっきまでのレギュラーサイズはいわばおまけ、こいつが本命だ!と言わんばかりにファイトを開始!

・・・したはずだったんですが、そいつは水中で「いや!いやいや!」と3回ほど頭を振り回し、流れの中へ消えていきました。手元にはだらしなくテンションの抜けたロッドとあっけにとられる自分だけが残されました。

c31d2ad6
もはやこれは何かがおかしい。今のやつだって完全にフッキングは決まってたし、外れる要素なんて何も無かった。フックだって投げる前にチェックして問題なかったし・・・。ここまでくると、もはやバラシ病が発病した以外考えられません。

「これはもうしょうがない、きっとそうだ、バラシ病だ。 まいっちゃうなあ・・・。」

と、独り言を言いながらその場を後にしました。

それでも何とか魚に出会えました

0192f0e6

3c4e92c7
しかしなんとも悲しいことに、その後は発病することもなく、サイズは小さいながら普通に魚に出会うことができました。さっきのは一体なんだったんだろう、発作みたいなもんだったんでしょうか・・・。

時々発病するこの【バラシ病】。一体いつになったら完治するのやら・・・。なんとも悶々とした気持ちでその日の釣行を終えたのでした。

使用タックル

  • ロッド : シマノ Cardif NX B48L
  • リール : AbuGarcia Revo ALC-BF7-L 
  • メインライン : DUEL アーマードフロロ 0.6号
  • リーダー : ヤマトヨテグス フロロショックリーダー 5lb


コメントを残す

*