2夜連続! 横浜ベイエリアでライトゲーム

さて、先日の記事の続きです。前日の釣果を超えるべく、張り切ってポイントへ。この日は前日とちょっとエリアを変えてのエントリーです。初エリアですが、釣果はかなり良いところのようなので期待が高まります。

無風!海面も穏やか!これはいける!でも・・・

この日は前日とうってかわり、風もほぼ無く海面も穏やか!これは絶好のライトゲーム日和です。潮があがり始めたタイミングで開始しました。まずは尺ヘッドD typeジャッカルのキビキビナーゴをセットしボトムワインドから開始です。前日は風が強く、ワインドどころではなかったのですが今日はいけそうです。ボトムに着底させて、数回アクションさせたらフォールさせます。すると早速当たりがありますが、なかなか乗りません。ワームを回収すると尻尾が切れています。これはおそらくフグでしょう・・・むむむ・・・。ワームを付け替えて再度チャレンジしますが、フグ以外の魚からコンタクトがありません・・・。あれれ、雲行きが怪しいです。

リグを変更してみます、すると?

どーもワインドに反応がないので、3.5gのバレットシンカーKEITECH スイングインパクト 2インチをセットしたテキサスリグでボトムをねちねちと探ってみます。しばらく探っていると、足元で急にリグが重くなりました。竿を煽ってみても動きません。根がかったかなと思ったのですが、ちょっと力を入れて引っ張ると微妙に浮くような感覚が・・・。ボトムに沈んだゴミにでも引っかかったかと思い、力を込めてロッドをしゃくると浮いてきました。水面まで浮かせると・・・

3e5f4c3c
なんとタコ!それも結構食べごろのいいサイズです。ただ今日は持ち帰り用の装備が何もなかったので、そのまま海へお帰りいただきました。いやはや、まさかテキサスリグでタコとは・・・。

気を取り直して再度ボトムを狙いますが、その後は特に何の反応もなく・・・うーむ、これは嫌な予感です。

奥の手?ボウズ逃れ?のあいつを投入!

特に魚からも反応はもなく、時間だけが過ぎていきます。翌日は仕事のため、あまり遅くまで粘れません。このままではタコだけで終わってしまう・・・。ということで、最終兵器?先日横浜沖堤で調子のよかったDECOY フラッシュボムを投入してみます。トレーラーはチヌ職人をチョイス。こいつをボトムまで沈めて、ズルズルとゆっくり引いてきます。根のあるところを重点的に探ると「ココン!」と当たり!

すかさずフッキング!グングンと潜ろうとするこいつはカサゴに違いない!おーい!俺を癒してくれー!とゴリゴリと寄せて抜きあげると

c592e49b
20cmのカサゴでした!ありがとうフラッシュボム・・・ありがとうカサゴ・・・。あやうく軟体動物だけの釣果で終わってしまうところでした・・・。

2夜連続釣行まとめ

結局2夜連続で繰り出したものの、なんだか寂しい釣果で終わってしまいました。ただ、ベイエリアが渋いのかというとそういう訳でもなく、ほぼ同時期にエントリーしていた他の方のブログを見ると、かなり良い釣果を出されていました。特に2日目に訪れたエリアは、カサゴやメバルの魚影がかなり濃いところとの話だったので、これは完全に自分の腕が未熟なせいですね・・・。

まだまだ魚の誘い方の引き出しが少なく、攻め方がワンパターンになっている感が否めません。地形把握や潮の動きなど、まだまだ身に着けていかなければいけないテクニックが山積みです。

さてさて、ライトロックゲームの季節は始まったばかり!がんばっていきましょう!
ロッド : AbuGarcia SALTY STAGE KR-X Mebaru Custom SXMS-792LT-KR
リール : AbuGarcia Revo LT 2000
ライン : DUEL アーマードF+ 0.3号
リーダー : VARIVAS ライトゲームショックリーダー 4lb

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*